JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10歳の男児の母です。

解決済みの質問:

10歳の男児の母です。 本日息子がアナフラニール10mgを処方されました。診断は頻尿夜尿とADHD傾向(多動はありませんが、記憶錯誤と思えるほどに忘れ物がかなりあります) IQはかなり高いので/忘れ物意外に学業的に支障はかんじていません。ただし、低いところとの差が40あり故の混乱?と思えるところはあります。
以前に、頻尿対策としてストラテラを処方されましたが攻撃的になり本人もイライラして抑えられないと自己申告がありやめました。
アナフラニールは副作用も強いようですが、妥当なものでしょうか
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

こんにちは。猫山と申します。

大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

アナフラニールは古い抗うつ薬(「三環系抗うつ薬」と分類されます)で、効果も強いのですが、仰る通り、副作用も強いお薬です。

その副作用の大半は、「抗コリン作用」です。副交感神経の指令を媒介するアセチルコリンという神経伝達物質を阻害することで、様々な副作用が現われます(口渇、便秘など)。

その副作用の1つとして「排尿困難」があります。尿が出づらくなることです。

これを逆に有効性として捉え、頻尿治療薬として用いることはしばしばあります。

よって、頻用対策として処方されたのであればその意味では妥当ではありますが、脳に移行しない抗コリン薬(ポラキスやバップフォー)がありますので、それらで十分ではないかと考えます。

http://www.okusuri110.com/biyokibetu/biyoki_cnt_10-07.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

アナフラニールは脳に移行し(ポラキスやバップフォーは脳にはほとんど作用しません)、眠気や記銘障害といった副作用を起こしやすいお薬ですので、「記憶錯誤と思えるほどに忘れ物がかなり」あるご子息には向いていないのではないかという印象を持ちます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
26377;難うございます。最後のご指摘の点が私も懸念点です。息子のIQアンバランスは 上が154(言語理解)129(知覚推理)で 下が103(ワーキングメモリー)です。
算数も理論的な展開系の話は好きですが(中学レベルのロジック問題)簡単な計算は速さはあるもののケアレスあります。国語は文章題は得点しますが、漢字が全く覚えられません。これはインプットが高度なのにワーキングメモリ―が対応しきれていないからかとおもっていました。
そこでこのお薬の処方なので頻尿には抗コリン作用でよいのかもしれませんが。疑問が残るところです。とはいうものの、頻尿はかなり激しくこの点を改善してあげないと結果としてストレスが高まり更にワーキングメモリーへの負荷もかかるかと。
夏休みなので試してみようかと逡巡しているところです。
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
38971;尿に関しての補足です。 先天性の後部尿道弁狭窄があり気が付いた7歳時に内視鏡にて削除手術をしましたが既に膀胱の筋がかなり発達しており切除後の膀胱容量も期待するほどは伸びず、現在も余り溜めることはできません。1年前の膀胱造影検査でMAX100mlですがかなり過活動(緊張度が高い)なために心理と回復の遅さもあり術後1年たち泌尿器医の院内紹介で心理と並行して受診することになりました。そこでIQテスト及びストラテラでした。

医療 についての関連する質問