JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

85歳の母の事で相談させていただきます。3年ほど前から脊柱管狭窄症により脚にかなりの灼熱痛があります。整形外科で鎮痛薬を

解決済みの質問:

85歳の母の事で相談させていただきます。3年ほど前から脊柱管狭窄症により脚にかなりの灼熱痛があります。整形外科で鎮痛薬を処方され2年ほど服用していましたが、鎮痛薬で胃を痛め(胃薬も飲んでいましたが)食欲も落ち、灼熱痛もほとんど良くならないため、一か月前から鎮痛薬の服用をやめました。胃も改善してきて、食欲も少し戻ってきましたが、相変わらず灼熱痛は続いています。このような状態ですので、一度ペインクリニックを受診しようかとかんがえておりますが、どのような治療方法があるのでしょうか。麻酔による治療が主なのでしょうか。ご回答よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際にお母様を診察できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、お母様は脊柱管狭窄症による神経圧迫に由来する神経圧迫による感覚障害=「神経障害性疼痛」を呈しているものと考えられます。

脊柱管狭窄症自体は手術によってしか根治しませんが、お母様のご年令も考えて対症療法が続けられているのだと推測いたします。

神経障害性疼痛の治療としては、通常の鎮痛剤は効きません。

神経の信号の伝達を統制するような飲み薬(リリカ、一部の抗てんかん薬、抗うつ薬)の服用や、程度によっては神経ブロック注射などが必要になります。
神経の混線は神経障害性疼痛が続けば続くほどもつれていく傾向がありますので、出来るだけ早期に適切な治療を受けておくことが重要です。

神経障害性疼痛の治療はご賢察の通りペインクリニックにて行われます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)ので、お早目の受診をお勧めいたします。

以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。

全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)

http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問