JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 422
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

7月初めに心房粗動でカテーテル・アブレーション(以後KTと表記)を受け、その結果、除脈発生。プレタール錠で脈拍60前後を

解決済みの質問:

7月初めに心房粗動でカテーテル・アブレーション(以後KTと表記)を受け、その結果、除脈発生。プレタール錠で脈拍60前後を維持。しかし、7月下旬不整脈発生(脈拍135)。医者の指示により、プレタールの中断、その都度のワソラン錠の服用して脈拍60維持。治療のため、再KTを受ける予定です。
(質問)
1.KTの効果はこのように低いもの(20日の効果)ですか。考えれる原因にどんなものがありますか。
2.KTの実施中<激痛が何度もあり。本には細動は痛い、粗動はないとあったが、間違いですか。
3.KTの短期間の繰り返しに問題はないのですか。回数制限はありますか。
4.除脈対策の薬は副作用で、不整脈の再発原因となると聞きましたが、短期間での再発の原因になるのか疑問。
5.除脈対策はペースメーカーが最適ですか。その場合の注意点をご指導願います。 以上
投稿: 12 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.K 返答済み 12 ヶ月 前.

状況について、了解しました。心配なお気持ち察します。

あくまで、インターネット相談ですので、実際に診察しているわけではなく、患者の状態がわかるわけではないので、ご了承下さい。

1 に関しては、残念ながら、アブレーションの成功率は100%ではありません。アブレーションで治らずに、最終的に手術を行う方もおります。成功率、危険性、所要時間は不整脈の種類によって異なります。また、同じ種類の不整脈でも、人によって心臓の大きさや形が異なるため、難易度も異なってきます。

2 痛みはどのあたりにあったのでしょうか?心臓でしょうか?カテーテルの刺入部でしょうか?アブレーションにより、心筋を焼灼するので、痛みは少なからずありますが、鎮静により、ほとんどない状態にできます。今回の状態を、次回、主治医に伝えると良いでしょう。

3 回数制限んい厳密なものはありません。効果がない時は繰り返し行いますが、それでもダメな時は、手術を行います。

4 プレタールは脈拍を調節するためではなく、血栓の予防に出ていたのかと思いますが、他にも薬は出てましたか?ワソランは頻脈を調整するための薬で、不整脈が出てから、内服を開始するのは理にかなっております。

5 ペースメーカーは薬でコントロールできない場合の最終手段です。ペースメーカーで機械刺激により、心臓をはく動させるのですが、リードの設置する部位が人により様々なので、成功率は100%ではありません。

不安な気持ちでしょうが、治療としては、標準であり、間違ってはいないと思います。

質問者: 返答済み 12 ヶ月 前.
12450;ブレーション中、痛がったのは右肩の周辺が中心で、左鎖骨だけの場合もありました。プレタールは除脈対策が主で、同時にバイアスピリンは止めました。後は血圧降下剤を服用しているだけです。手術前は頻脈対策としてメインテートを服用していました。術後、除脈が出た時に薬効を抜くために服用をやめて、回復を待ちました。
(質問)番号は回答に対応
1.どのような手術ですか。
3.やけどをさせるような手術と聞きましたが、やけどなら制限があるように思います。本では3回と出ていました。
4.プレタールの副作用はありませんか。
5.ペース・メーカーの成功率が100%でないとすると、除脈対策の薬をいろいろ試すべきと思われますか。どんな薬がありますか。例示願いま   す。また、貴師の推薦される方法をお願いします。
専門家:  Dr.K 返答済み 12 ヶ月 前.

プレタールは抗血小板薬です。徐脈に対しては用いず、血栓ができるのを抑えるためです。

カテーテルはどちらの血管から行ったのでしょうか、大腿でしょうか、鎖骨下でしょうか?

心筋を焼灼している時に、肩への放散痛を生じることもありますが、鎮静のコントロールで改善できます。

以下返答ですが、

1、手術は開心術で、直接、不整脈の原因となっている場所を治療することです、

カテーテル治療も目的は一緒ですが、開心術の方が直接その場所を同定できるので、確実ですが、侵襲が強いので、最終手段です。

3、カテーテルアブレーションとは心筋の不整脈の原因となっている部位を焼灼する手術です。1回の焼灼で治らない際は、続けることもあります。同部位を何回も焼灼することは通常しませんが、別の場所を複数回することはあります。

4、プレタールは抗血小板薬ですので、一番の副作用は出血のリスクが上がることです。頭が痛くなったり、頻脈になることもあります。

5、ペースメーカーの成功率も100%ではないですが、通常、薬物治療が奏功しない場合はペースメーカーを入れます。

薬物療法に関しては、不整脈の状況によって千差万別です。実際に、診察しているわけではないので、私からは進めることはできません。参考にガイドラインを載せますが、

http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf

私の、推薦ですが、やはり経過を知っている、主治医によく意見を伺うことだと思います。

質問者: 返答済み 12 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。
5.ペース・メーカーは心拍が設定値を下回った場合のみ心臓を刺激して動かすと聞いています。その反応がある心臓なら、成功率100%と   考えて良いのですか。それでも失敗することがありますか。参考のガイドラインは専門過ぎて、素人の小生では理解できません。
○アブレーションの成功の確認はいつ可能ですか。ペース・メーカー装着は成功確認後したいと思います。装着後、アブレーションを繰り返すの    は、対策をしても難しいと思いますが。
専門家:  Dr.K 返答済み 11 ヶ月 前.

不安にさせてしまいますが、ペースメーカーもそうですが、成功率は限りなく高いですが、100%とは断言できません。

アブレーションの成功の有無は、施行時に心電図で確認できますが、遅発性に不整脈が再び出ないとは言えません。

とにかく、言えることは医療に絶対はないです。

しかしながら、現在の治療方針が他の選択肢とも比べて、一番成功率が高いものであるとは言えます。

心配な気持ちを察しますが、ここは主治医を信頼し、治療を受けるのが一番の策かと思います。

Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。心房粗動のアブレーションの治療は確率された医療と思っていたので、そこに誤解があったようです。
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
36074;問者の家内です。主人は再カテーテル・アブレーションのため入院しました。本人に確認しました。質問終了の意思表示の積りで評価したと、言っていました。終了手続きに不明で申し訳ありません。
専門家:  Dr.K 返答済み 11 ヶ月 前.

治療がうまくいくことを、祈念しております。

お大事になさってください。

引き続き、質問があるときは、指名していただければ幸いです。

医療 についての関連する質問