JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

男51歳 女34歳 子供を授かろと思っています。 自閉症児、発達障害児の産まれる確率は

解決済みの質問:

男51歳 女34歳
子供を授かろと思っています。
自閉症児、発達障害児の産まれる確率は
高いのでしょうか?何%くらいの確率に
なりますか?
高齢男性のリスクが20代男性と比較して
6倍にもなると海外での記事を見て質問さ
せて頂きました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

発達障害とは一般に、広汎性発達障害、自閉症、注意欠陥多動性障害(ADHD)、知的障害などを含む疾患概念です。

高齢出産(母親が35歳以上での出産)はその危険因子であり、母親の年齢が5歳上がるごとに自閉症のリスクが18%上昇する、40歳以上の父親の父親の子供は、30歳未満の父親の子供に比べて6倍になるとする研究が確かにございます(http://自閉症障害.jp/1061.html)。

お子様が発達障害を有して生まれてくる可能性は、母親が35歳の場合で250分の1と言われています(http://子ども.jp/1539.html)。

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

電話相談のリクエストありがとうございます。

しかし本日は当直中であるため電話対応ができません。

他の専門家が承るしれませんのでお待ちになってみて下さい。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問