JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

男69歳です。35歳に事故で第2腰椎を圧迫骨折し、リハビリ後、重い感じは残るものの

解決済みの質問:

男69歳です。35歳に事故で第2腰椎を圧迫骨折し、リハビリ後、重い感じは残るものの
日常生活には問題がありませんでした。最近運動後に腰の重みがひどくなり、整形外科でみてもらったところ第5腰椎も骨折しており牽引機でリハビリをしましたが効果がみられません。
知人より神経ブロック注射はどうかとすすめられましたが、骨折にも効果があるものでしょうか。尚、左膝の違和感と左親指付け根のしびれ感も強くなりました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

神経ブロックは意味がありません。痛み止めの飲み薬、それが効果がないならカルシトニンの点鼻薬を使用してください。それでも効果がなく、痛みが続くようなら脊椎増強を増強させるセメントをその部分の注射する方法があります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答ありがとうございます。
神経ブロックが意味がないということは注射しても一時的な痛み止めで完治ではないということでしょうか。
痛み止めの飲み薬で市販品の薬をお教えください。カルシトニン点鼻薬は市販されていますか。
脊椎増強を増強させるセメントを注射する方法について概要や副作用をお教えください。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

一時的な痛み止めで完治ではないということでです。イブプロフェンのような薬でいいと思います。カルシトニン点鼻薬は処方箋薬です。簡易コルセットなどの外固定をし、前屈(お辞儀する動作)を禁じ、比較的安静にします。安静にすることで、3~4週ほどでほとんどが治りますが、しかしながら、この場合ベッド上安静は3ヶ月以上に及び、高齢患者では長期入院に伴う痴呆症状の出現などが問題となってきます。圧迫骨折した腰骨に骨セメントを注入する経皮的椎体形成術は、圧迫骨折の痛みを改善するだけでなく、その後の生活の質の維持につながります。経皮的椎体形成術とは、悪性腫瘍の椎体への骨転移や骨粗鬆症に伴う圧迫骨折の疼痛緩和や安定性増強のために、透視下に椎体を経皮的に穿刺して穿刺針を通して骨セメント(PMMA = polymethylmethacrylate)を注入する手技です。80%以上の症例で3日以内に高い除痛効果が得られるとされ低侵襲と即効性が注目されています。一般に経皮的椎体形成術は安全性が高い事が認められていますが、僅かではありますが合併症の報告もあります。

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問