JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Zawan24に今すぐ質問する

Zawan24
Zawan24, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 561
経験:  1998年医学部卒業
81186992
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Zawan24がオンラインで質問受付中

96歳の母親の事でご相談いたします。現在長期医療型病院の個室に入院して2年になります。

解決済みの質問:

96歳の母親の事でご相談いたします。現在長期医療型病院の個室に入院して2年になります。
最初は誤嚥性肺炎で、軽い認知症もありましたが、近所の病院の入退院を繰り返していましたが、あまり長く入院出来ず現在の病院なら最後までいられると言う事で紹介していただきました。
個室の為か、認知症も随分進んでしまい現在は寝たきり状態ですが誤嚥性肺炎も起こさず、症状は安定していますし、個室では月に40万円以上かかり、経済的負担が大変なので相部屋に移してくれるようお願いしたのですが、夜中に大声を出すからと言う事で無理だと言われました。
私も面会の折には看護師さんたちに「母が夜中に大声を出すそうでご迷惑をかけてます」と挨拶するのですが、「今は落ち着いているので大丈夫ですよ」と言っていただいたり、先日伺った時には「睡眠導入剤を使用していますから騒いだりはしていませんよ」と言う返事で医師の言っている事とは相反するのですが、今までの医師の態度からするとどうしても個室にいてもらいたいようで、相部屋には入れそうにありません。
兄弟とも相談して、転院も考えているのですが長男が母親が高齢なこともあり反対しています。いざとなれば長男を説得して転院させるしかないのかと思いますが、この先病院とはどう対応していったらいいのでしょうか?
投稿: 8 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Zawan24 返答済み 8 ヶ月 前.

実際の状況を見ているわけではないので、医師・看護師のどちらの言い分が正しいのかは判断難しいですが、主治医面談時に看護師も立ち会ってもらい看護師からの情報を確認し、可能であるならば看護記録の要約を見せてもらってみてはいかがでしょうか。

その中で、夜間も落ち着いて過ごしているのであれば、経済的負担についてお話して大部屋での療養を再度希望するという方法があると思われます。

また、もし夜間不眠で大声を出しているのであれば、睡眠剤の調整をお願いしてみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
21307;師の説明では睡眠剤は、さじ加減が難しく、高齢の為もあって遠回しに、命にかかわるみたいな言い方をされました。
以前看護師さんにも立ち会ってもらい話を聞きましたが、医師の前では話しづらいのか口ごもっていました。多分彼女達もあまりほんとのことを言ってにらまれたらいずらくなるのかなとと言う印象を受けました。
専門家:  Zawan24 返答済み 8 ヶ月 前.

現在入院されている病棟は内科療養病棟なのでしょうか、精神科医は勤務されているのでしょうか。

精神科医であれば高齢者の不眠や夜間せん妄に対する向精神薬の調整はなれていますので、勤務されていないのであれば精神科にコンサルとしてもらうよう相談されてみてはいかがでしょうか。

勤務されていて、上記発言をされているのであれば、セカンド・オピニオンを求めるという方法もあります。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
29694;在は内科病棟ですが、担当医は精神科も兼ねていると言っていました。セカンドオピニオンと言う事は、いまの病院にカルテとかもらわないとだめですか?
もし転院を希望する場合は、紹介状をもらうことになりますが、不利な説明とかされたら困るのですが、そういうことはないですか?
専門家:  Zawan24 返答済み 8 ヶ月 前.

セカンド・オピニオンの場合は診療情報提供書を作成してもらう必要があります。

転院の場合において不利な説明がなされることはないと考えます。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
12475;カンドオピニオンの件兄弟に相談した結果、病院との窓口になっている長男がもともと大部屋反対の事もあり、納得しませんでした。私共は3人兄弟で私と末の弟は私と同意見です。母親は遺族年金で非課税ですが、2年前のこの病院に入った時から長男の扶養家族になっています。
こんなことはないと思いますが、長男が差額ベッド代も含めて医療費控除を申請することは出来るのでしょうか?反対の理由はこれではないと思いますが、末の弟が少し疑っています。
専門家:  Zawan24 返答済み 8 ヶ月 前.

当医は医療費に関する専門科ではないので、具体的にお応えすることはできませんが、個室使用による差額ベッド代が高額医療費控除の適応になるかどうかは、使用目的によって変わるようです。

下記、ホームページを参照にされてみてください。

http://diamond.jp/articles/-/15827?page=2

Zawan24, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 561
経験: 1998年医学部卒業
Zawan24をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問