JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

始めまして、松島と申します。脊柱管狭窄症が再発しました。5年前の時はブロック注射2回で痛みが取れ、次第に普段の生活ができ

解決済みの質問:

始めまして、松島と申します。脊柱管狭窄症が再発しました。5年前の時はブロック注射2回で痛みが取れ、次第に普段の生活ができるようにになりました。 今回の場合は10日前に数歩歩いただけで痛くてしゃがんでしまう症状が出ました。 そこで再びブロック注射をしてもらいましたが、痛みは全くとれません。10日後に2回目のブロックの予約を入れましたが、何回くらい施せば痛みは緩和されるのでしょうか?現在私は61歳です。トライアスロン、ボクシングなどを現役でやっておりますが、そろそろ潮時と考えております。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。

脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。
いずれの疾患も加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治ることはありません。

①どれくらいの規模の医療機関の何科を受診されているのでしょうか?

②主治医は脊椎・脊髄の専門医ですか?

③主治医からは神経ブロック注射以外の治療について提案はないのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミングによって回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速のご返信、恐縮です。以下ご回答いたします。
①:NTT東日本病院のペインクリニック科です。
②:主治医の先生はこの道の権威です。
③:まだ1回しか診察を受けてないので、そのようなお話はありません。初回のブロック注射の後、先生とは話してないので痛みが緩和されTないことはご存じないのです。
今、右の足全体がしびれております。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

NTT東日本病院のペインクリニック科は全国的にも有名ですから、主治医が脊柱管狭窄症による神経障害性疼痛の神経ブロック注射による治療の権威であることは間違いがないでしょう。

しかし一定以上進行してしまった脊柱管狭窄症に関して、ペインクリニックだけでは対応ができないことも事実です。

相談者様は高度の「間歇性跛行」(数歩歩いただけで痛くてしゃがんでしまう症状)を呈されており、それだけを考えれば手術が必要と判断される重症度です。

http://www.fancy-popo.com/raku2/sekityukankyosaku.html

↑↑↑クリックすると解説ページが開きます↑↑↑

ブロック注射を何度繰り返しても痛みはとれない可能性が高いと考えます。

次回受診時、主治医に整形外科受診の要否を相談され、必要と判断されれば整形外科に治療の軸足を移されるべきではないかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問