JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

総コレステロールが272で悪玉コレステロールが193でした。

解決済みの質問:

総コレステロールが272で悪玉コレステロールが193でした。
3ヶ月前から医師の処方でクレストール錠2.5㎎を飲み、一か月後に悪玉コレステロールが
74に中性脂肪が81から47に減りました。
来月にまた検査するようですが、下がり過ぎが不安です。
少しですが、手の指のむくみもあります。
クレストールについて良くない情報も聞きます。このまま飲み続けるのが良いのかどうか?と
悩んでいます。
どうぞよろしく、ご回答お願い致します。 クレストール不安症より
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

おはようございます。猫山と申します。

ご質問いただき誠にありがとうございます。

クレストールのような「スタチン製剤」は、血中脂質を低下させる作用がきわめて強い一方、横紋筋融解症や神経障害などの、稀ながら重篤な副作用の存在も知られている薬剤群です。

一方で、相談者様は、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が193mg/dl、HDLコレステロール値が272―194=79mg/dlでしたから、「LH比(LDL÷HDL)」は約2.4であり、かなりの高値であったということになります。

http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/110.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

この状態が続くと脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが高くなりますから、クレストール開始という判断は正しかったと考えます。

①現在の(悪玉コレステロールが74だったときの)、総コレステロールの値を教えていただけますか?

②主治医は、お薬の減量や中止について相談がしづらいタイプの先生なのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
1、現在の総コレストロール値は158です。
2、相談しましたが、こちらの話をあまり聞いてもらえず、世界でも大勢の方がこの薬を使用しており、私を信用できないので すかといわれました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

では現在のLH比は0.88ですので、コレステロールの悪玉・善玉の比率は良好な状態になっています。

教科書的には、スタチン製剤で低下した脂質(コレステロール、中性脂肪)は服薬を止めると再上昇するので、良好な値を維持するために服薬継続が必要であるとされています。「世界でも大勢の方がこの薬を使用して」いるというのも、多くの医師が口にする台詞ではあります。

しかし一方で、きわめて医学的に水準が高い研究によって、スタチン製剤による血中脂質のコントロールが、患者様の予後に何ら良い影響を及ぼさないことが示されていることも事実です(特に女性において)。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20080125/145406/

一方で、効果有りとする研究結果も複数あります。

そもそも本当にコレステロール値を下げる必要があるのか、というところまで論争は進んでいます。

これは、一臨床医、一患者様が決められる問題ではないと考えます。答が出るまでには年単位の時間がかかるでしょう。

何しろ、これまで漠然と信じられてきた、「コレステロールが高いのは良くないので下げるべきだ」という「医学的常識」が覆るかもしれないからです。

現時点では、私は相談者様に以下の2つの選択肢のいずれかを検討されることをお勧めいたします。

1. スタチン製剤の安全性やコレステロールのコントロールの議論について知識がある内科医を探して受診する。説明に納得がいけば服薬を続ける。

2. 自己責任でクレストールの服用を中止する。ただし、コレステロールが急上昇しないように食事や運動に気を配る。定期的に血液検査は受ける(年1~2回)。

現実世界で相談者様を診察した医師が必要と判断したお薬の中止を、インターネット相談で指示することはできません(医師法における「無診察診療」と見做される恐れがあります)。従いまして、2.を選択する場合はあくまで自己責任となります。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

ご質問いただき誠にありがとうございます。

感覚障害が現われている範囲からは、脳のトラブルの可能性は低いと考えます。

肘部管症候群のような尺骨神経のトラブルか、

http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

頚椎の7番、8番から出る頸髄神経(C7、C8)のトラブルを考えます。

http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg

①現在、どれくらいの規模の医療機関の何科を受診されているのでしょうか。また、これまでどのような検査が行われたかを教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

申し訳ありません。上記回答はシステムエラーによる誤入力です。無視して下さい。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36817;所(茨城県守谷市)にありますクリニックで診察してもらっています。血液一般検査と負荷試験を受けました。
そして、クレストールとA1Cが5.7ということでアクトス15 1/2錠も処方されました。

医療 についての関連する質問