JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10数年前に突然めまいを覚え、1週間入院治療し原因不明のまま退院したが、眉間の奥あたりが重くなり眠れなくなりました。精神

解決済みの質問:

10数年前に突然めまいを覚え、1週間入院治療し原因不明のまま退院したが、眉間の奥あたりが重くなり眠れなくなりました。精神神経科クリニックを受診して処方して頂いた薬(4種類)を飲んだところ、よく眠れ頭の重いのも取れ、もとの生活に戻れました。その薬の名前をインターネットで調べたところ、4種類とも「抗うつ剤」でした。とにかく、その薬を飲まないと眉間の奥が重くなり、頭全体がジーンと重くなり眠れなくなってしまうので以後飲み続けております。お医者さんは、「神経が疲れてしまい、自力では回復できないので薬で回復しているのです」と言っています。最初の5・6年は1日1回夜飲んでいましたが、薬の効き目がだんだん短くなったのか、今は、朝晩1日2回飲んでいます。さらに、5年ほど前からその薬を飲んでも眠りが浅くなり夢ばかりみるようになり、睡眠導入剤を処方して頂き飲んでいます。今は朝の目覚めがつらい日々を過ごしています。自営のため10時ごろから普通に仕事はできています。最後に質問です。私は「うつ病」なのでしょうか? 又それが原因で睡眠障害が出ているのでしょうか? これからも4種類の薬と睡眠導入剤を飲み続けるしかないのでしょうか? ご教示宜しくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

ご質問いただき誠にありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。

治療は診断ありきで決まるものです。

従いまして、「私は「うつ病」なのでしょうか? 又それが原因で睡眠障害が出ているのでしょうか? これからも4種類の薬と睡眠導入剤を飲み続けるしかないのでしょうか?」というご質問にこの場で確答することは困難です。

①精神神経科クリニックの主治医からは診断名やお薬の処方目的、作用と副作用の説明は受けられていないのでしょうか? つまりインフォームドコンセントに基づいた治療を受けられていないのでしょうか。

②処方されているお薬の名前とそれぞれの1日量(mg)を教えて下さい。

③実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?

https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;医者さんがはっきり言ってくれません。 
薬の名前も包装フィルムに入ってないで裸で渡されます。
薬の効用や副作用の説明書もありません。
でも以前確認した薬の名称は分かります。  スルピリド50、ビソプール1、ロミニアン5、メコバラミン5を各1錠づつ1日2回
                           ブロチゾラム0.25を寝る前に1錠
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

まず、病気の説明、診断名、病気の説明、お薬の処方理由、作用・副作用の説明をしない医師にかかられるべきではないと思います。

スルピリドとビソプールはごく弱い抗うつ薬ですが、どちらも用量が有効用量に達していません。

仮に相談者様がうつ病を患われているのだとしても、この用量では効果は期待できないでしょう。

どちらかを中止して、もう一方を増量すべきと判断される処方です。

メコバラミンはビタミン剤ですので、特段の服用意義はありません。

問題はロミニアンとブロチゾラムです。

これらは、化学的には「ベンゾジアゼピン系化合物」に属する抗不安薬と睡眠薬です。

ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】

http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

これらを年単位で服用されているのは望ましことではありません。

長期のベンゾジアゼピン服用による長期的副作用のために不調を呈している可能性すらあります。

一方でこれらのお薬には依存性がありますので、にわかに中止すべきでもありません。

しっかりとした診断と治療を、インフォームドコンセントに基づいて行ってくれる精神科医療機関に転院されることをお勧めいたします。

転院先については、精神保健福祉センターで地域の医療機関の情報得ることが出来ますのでスダンされてみて下さい。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12450;ンケート診断結果は3点でした。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ということですとうつ病の可能性は極めて低いですね。

やはり、診断と、それに応じた必要最小限のお薬や、必要ならばカウンセリングも受けられる医療機関に移られた方がよろしいかと存じます。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問