JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

32歳の娘に5ミリの直腸カルチノイドが見つかりました。内視鏡切除をしましたが、病理検査の結果悪性度が高い(何かは不明です

解決済みの質問:

32歳の娘に5ミリの直腸カルチノイドが見つかりました。内視鏡切除をしましたが、病理検査の結果悪性度が高い(何かは不明ですが4,4%。2%以下なら経過観察だったとか)ため外科手術を勧められています。
腹腔鏡手術かダヴィンチによる手術かを6/30の次回診察までに決めておく必要があります。
ネットで調べたところTEMという経肛門的内視鏡下マイクロサージェリーの方が術後のリスクが低いように思えます。ただリンパ節は取れないので、少しでも残れば再発の危険があるとか。
まだ若く子供も小さいので、人工肛門や排尿障害のリスクは避けたいと思いますが、6/30に質問する上で予備知識をつけたいので回答を早急にお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

悪性度が高いことからリンパ節を取る手術をした方がいいと思います。ダヴィンチによる手術ではロボットの支援による繊細な手術で、排便・排尿・性機能に関わるこれら神経の機能温存が期待され、術野でほとんど出血がないことも特徴です。人工肛門や排尿障害のリスクの可能性は少ないと思います。

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問