JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先生、迅速なご回答ありがとうございました。漢方専門医の先生にもご相談しようと思っていたのですが、私は現在服用されている薬

解決済みの質問:

先生、迅速なご回答ありがとうございました。漢方専門医の先生にもご相談しようと思っていたのですが、私は現在服用されている薬が多すぎなのではないかと考えております。日常的に眠い、めまいがするというのは薬の服用が多すぎるということも考えられますでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

猫山です。

最初のご質問を見る限り、服用されているお薬は、バルプロ酸 炭酸リチウム エビリファイ レバミピド ジアゼパム、であったかと存じます。

それぞれ1日何mg服用されているのかを教えてください。

炭酸リチウムに関しては血中濃度も教えてください。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20808;生、ご返信ありがとうございます。
1日当たり、
バルプロ酸 400mg
炭酸リチウム 400mg
エビリファイ 15mg
レバミピド 300mg
ジアゼパム 4mg
と今回減薬が決まった
アロチノロール 15mg
を毎日服用しています。
炭酸リチウムの血中濃度はしばらく測っていませんが、
2月ごろ測ったときは正常値と言われました。
ただ、厳密な血中濃度はわかりません。情報が少なく申し訳ございません。
宜しくお願い申し上げます。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

返信が遅くなりまして申し訳ありません。

双極性障害の薬物療法においては多剤併用療法になりやすい傾向があります。特に日本では。

相談者様の処方は、かなりリーズナブルな部類に属する処方なのではないかと考えます。

精神科のお薬はどれも、多かれ少なかれ副作用として眠気が起こりますが、強い眠気の原因となりそうなお薬は相談者様の処方中ではまずジアゼパム、次いでエビリファイです。

ジアゼパムに関しましては、双極性障害の中核症状そのものには効果がありませんので、減量・中止の可能性について主治医の先生と相談されてもよろしいかと存じます。

多少奇異に感じるのは、主剤たる気分安定薬が2剤(バルプロ酸、炭酸リチウム)併用されていることです。

エビリファイを気分安定薬として数えることのありますので、その場合は3剤併用となります。

これが、相談者様の気分を一定幅に収めるために必要なのであれば仕方がありませんが、もしそうでないのであれば、1剤もしくは2剤、中止することは可能だと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問