JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先生、ありがとうございました。今日主治医にかかったところ、アルチノロールの強い副作用と診断されました。主治医かアルチノロ

解決済みの質問:

先生、ありがとうございました。今日主治医にかかったところ、アルチノロールの強い副作用と診断されました。主治医かアルチノロールの服用を辞めるよう提案されましたが、そうすると本態性振戦の主症状は避けられないと言われ、大変不安に思っています。代用の薬もないと言われ、困っていたところ、緩やかな効果ではありますが、本態性振戦の主症状を和らげる漢方薬を処方できるかも知れないという漢方医を見つけ、問い合わせたところ、対応してくださるとのことでした。飲んでいる西洋薬との飲み合わせも見てくださるとのことなのですが、漢方薬をほとんど服用したことのない私は少し不安です。漢方薬を服用するにあたり、注意する点はどのようなところになりますか?また、漢方薬にも副作用はあるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

猫山です。

診断が付き、対処のも決まったようで何よりでした。

さて、安全というイメージが強い漢方薬ですが、異物を体内に取り入れるわけですから、もちろん副作用はあります。

その中には肝機能障害や間質性肺炎のような重篤なものも含まれます。少しでも異常を感じたら検査を希望されるのがよいでしょう。

漢方薬の場合は、西洋薬とは異なり、症状に合わせてお薬が決められます。

舌の性状やお腹の固さといった「証」を診て、その患者様ごとに処方されるお薬が変わるのが本来の漢方医療です。

症状は同じなのに処方される漢方薬は違ったり(同病異治)、同じお薬が異なる症状に対して用いられること(異病同治)が漢方ではしばしばございます。

正しい漢方的診察を受け、適切な漢方薬を処方されるためには、専門医を受診することが重要です。

その点、相談者様は漢方医を受診されるとのことですから適切な治療を最低限のリスクで受けることができる可能性が大です。

気をつける点はお薬ごとに異なりますので、処方されるお薬が決まった時点で漢方医に確認されるのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問