JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

腰痛から左足外側に痛みが走り、直立ができずに前かがみでないと歩行ができない状態です。また、歩いても数歩で痛みが走り歩けま

解決済みの質問:

腰痛から左足外側に痛みが走り、直立ができずに前かがみでないと歩行ができない状態です。また、歩いても数歩で痛みが走り歩けません。
整形外科では椎間板に神経が接しているために痛みが出ているとの事で10日経ちますがまったく良くなっていません。 整形外科からの薬は「オパルモン錠」「メチコパール錠」「ロムカミム錠」「リリカカプセル」が出ています。会社を10日休んでおり生活に支障が出てしまっています。
会社は28日まではお休みを取っています。
この痛みを取り除き、普通に背筋を伸ばして歩ける様にするにはどうしたらよいのでしょうか。
どのような医者へ行けば良いでしょうか? 住まいは東京昭島市に住んでおります。
アドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

ご質問いただき誠にありがとうございます。

①受診された整形外科はどれくらいの規模の医療機関でしょうか?

②腰のMRI検査を受け、その結果として椎間板ヘルニアの診断が付いたのでしょうか。

③リリカは1日で合計何mh服用されていますか?

④主治医からは神経ブロック注射やペインクリニック受診は勧められていないのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミングによって回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
9312;昭島整形外科という街医者です。
②20年前に日野市立病院でMRIを撮り、椎間板ヘルニアと診断されました。
  (今回受診した昭島整形外科ではレントゲン撮影のみです)
③リリカカプセルは1日1回、寝る前に75mg服用となっています。
④昭島整形外科では神経ブロック注射やペインクリニック受診の話はありませんでした。 よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

いくつかのステップを踏む必要があるように思います。

腰椎椎間板ヘルニアの場合、8割の患者様では手術は不要であると言われています(保存的に治療しているうちに痛みがなくなるということです)。

https://medicalnote.jp/contents/150810-000001-EZDNTC

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様の場合、20年前に発症した椎間板ヘルニアですから、かなり長く付き合ってきた末に、10日前から神経圧迫症状が現われたことになります。

山谷は会ったでしょうが、進行しているわけですから、治療方針を立てるためには現在の状態の正確な評価が必要です。

椎間板はレントゲンでは映りませんので、現時点でMRI検査が行われるべきであると考えます。

通われている病院にはMRI設備があるようですから、検査をお願いするべきであると考えます。

http://www.tokyojointsurgery.com/facility/mri.html

その結果を元にして、まず、手術を行うか、保存的治療を続けるかの判断が下されるべきです(椎間板ヘルニア以外の腰椎疾患である可能性すらあります)。

=======================================

一般的には保存的治療で症状を抑えられる場合が多いですから、まずそれについて述べます。

現在、相談者様に処方されているお薬の中でもっとも神経因性疼痛(神経の圧迫による痛み)に対する効果が高いのはリリカ(成分名:プレガバリン)ですが、1日75mgでは効果は期待できません。

このお薬の用法・用量は「通常、成人は初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口服用し、その後1週間以上かけて1日用量として 300mgまで漸増する。な お、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口服用する」です。

最低でも現在の4倍の量は服用しなければ効果は期待できないわけです。

また、リリカも含めて、経口服薬するお薬による治療では、現在の相談者様の強い症状に対してのんびりとし過ぎているようにも思います。例えばメチコバールに至っては3~6ヶ月かかって効くお薬です。リリカでも効果発現に数週間はかかります。

明かな神経因性疼痛ですから、神経ブロック注射の施行が検討されるべきであると考えます。それも、上記リンク先に記載がある2つの方法のうち、「神経根ブロック」が必要かもしれません。

http://narashinodai.jp/original15.html

全体的に見て、保存療法で治療を進める方針なのだとしても、除痛治療が貧弱に過ぎるように思われます。

除痛に関しては、痛みのスペシャリストである麻酔科医が運営しているペインクリニックを受診されてみてはと思います。

下記のサイトから、ペインクリニックを検索することができますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】
http://www.pain.ne.jp/

=======================================

手術が必要かもしれないと判断された場合は、現在の病院ではなく、脊椎の専門医を紹介してもらい、受診すべきです。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです。

現主治医にはその専門性は無いようです(関節の疾患がご専門のようです)。

http://www.tokyojointsurgery.com/doctor/index.html

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医(脊椎脊髄病医)を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高 い診療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。そこに宛てて紹介状を作成してもらって下さい。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

=======================================

長くなりましたが、このような段取りが本来必要だったと思います。

現在の治療を続けていても早期の改善は期待薄だと思われますので、MRI検査⇒現状の評価に基づく適切な治療を受けられる医療機関の紹介を主治医に相談されるべきでなないかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
35443;しい説明をありがとうございます。大変参考になりました。

医療 についての関連する質問