JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

血圧測定の件です。水銀血圧計でも電子血圧計でもマンシェットを上腕に巻くときは、送気球につながるチューブを抹消側にして巻く

解決済みの質問:

血圧測定の件です。水銀血圧計でも電子血圧計でもマンシェットを上腕に巻くときは、送気球につながるチューブを抹消側にして巻くのですが、もしチューブを肩側になるようにマンシェットを巻くと測定結果に違いがありますか?  どうしてチューブを抹消側にして巻くのか明確な理由を教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

違いはありません。送気球が下にあった方が単に送気球でマンシェットに送るのに都合がいいからです。

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます

医療 についての関連する質問