JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。宜しくお願いいたします。90歳の母が転倒により、大腿骨頸部骨折してしまいました。レントゲンではわからなかった

解決済みの質問:

初めまして。宜しくお願いいたします。90歳の母が転倒により、大腿骨頸部骨折してしまいました。レントゲンではわからなかったのですがCTによりわかりました。合わせて骨盤にも2か所骨折があるとのことです。
10年程前に心筋梗塞を起こし、ステント治療を行いました。それ以降4年ほどは、検査の際詰まっている箇所にステント治療を行い、30本程のステントが、入っています。ここ5年ほどは、検査は受けていません。バイアスピリン等の血流薬は服薬しています。
本日午後から。医師の説明を受けることになっていますが、このような母でも、手術が可能でしょうか?
せめて、今まで通り、トイレにての排泄を希望しています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

ご質問いただき誠にありがとうございます。

この場合、ネックになるのは2点です。

1つ目は、心筋梗塞の既往があり、お母様の心機能が十全ではないであろうということ。

2つ目は、術後に処方されている抗凝固薬・抗血小板薬を一定期間中止しなければ手術が行えないこと(出血傾向のため)。

……です。

もちろん、90歳というご年齢それ自体が麻酔の危険因子でもあります。

「このような母でも、手術が可能でしょうか?」というご質問にこの場でお答えすることはいたしかねます。

お母様の心機能の評価がここではわからないからです。

もしも本日午後の主治医からの説明で、「高齢なので手術は勧めない」と言われた場合、「手術を受けたい意向はあるので、手術の可否を判断するための検査(心機能検査、呼吸機能検査を含む麻酔科医の診察、心筋梗塞の主治医への抗血小板薬中止の可否の問い合わせ)だけでも行って欲しい」と希望されるのがよいでしょう。

一般論として申し上げれば、心筋梗塞の既往がある高齢の患者様だからといって、必ずしも手術が行えないというわけではありません。

大腿骨頭頸部骨折は高齢の患者様が被る外傷ですし、高齢患者様の多くが何らかの合併症をお持ちですが、そうした患者様を対象として、手術は広く行われています。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。担当医師に聞いてみます。帰ってからまた、質問
してもよいのでしょうか?評価はその時でよろしいでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

はい。かまいませんよ。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20808;ほどはありがとうございました。10日に手術をして頂くことになりました。循環器及び呼吸器のことにも問題はないとのことでした。頸部骨折ではなく、転子部骨折とのことで、プレートとスクリューで固定し必要に応じて、金属ケーブルも使用するとのことでした。また、恥骨骨折もあるので、術後のリハビリは恥骨の経過を見ながら実施するとのことです。バイアスピリン等の薬は現在は止めているそうです。梗塞が心配ではあるのですが、出血をかんがえると致し方ありません。両下肢ともに、弾性ソックスにて、血栓予防していただいています。
また、以前に、タケプロンで下痢が長期に続き、タケプロンを、中止したこともあり、タケプロン禁だったのですが、胃潰瘍を考えて、今は投与しているとのことです。術後は、ICUにて管理してくださるそうです。
ドクターからも丁寧な説明を受けましたが、循環器、呼吸器、投薬等の事は、重ねてこちらからも質問することができました。
あとは、母の生命力を信じるばかりです。ありがとうございました。
術後のことも報告したいのですが、評価は先にしたほうがいいのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

評価のタイミングは相談者様の任意ですが、「術後のことも報告したい」ということであれば、評価後の書き込みも可能です。

また、術後の状態について新たにご質問があれば、それは新たなご質問として別途ご投稿いただく必要があります。

私といたしましては、現時点で評価を賜れるとありがたいですね。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問