JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2813
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

SLEに罹患して35年になる54歳女性です。現在右膝関節に痛みがあり、検査したところ、前十字靭帯が切れ、軟骨がすりへり、

質問者の質問

SLEに罹患して35年になる54歳女性です。現在右膝関節に痛みがあり、検査したところ、前十字靭帯が切れ、軟骨がすりへり、半月板にダメージ、水も少し溜まっている状態と診断されました。3週間くらい経過観察しましょうとのことでしたが、医師からは人工関節にするには若すぎると言われただけで、他の治療法は告げられませんでした。他の方法は考えられないのでしょうか?不自由ながら歩くことは出来ています。宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。

各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

前十字靱帯(ACL)損傷はスポーツ外傷として、もしくは加齢に伴う膝のトラブルとして、しばしば認められるものです。

保存的治療(非手術治療)としては膝関節を安定させるべく筋力トレーニングを中心とした理学療法が有用ですが、基本的には膝が不安定になる⇒判別版や軟骨が損傷する(二次性変形性膝関節症)⇒膝を庇うようになってますます膝関節が不安定になる……という悪循環が生じますので、早めの手術(ACL再建術)が勧められるようになってきています。

①「人工関節にする」のは、変形性膝関節症に対する手術ですが、それ以前に、膝関節を安定させるために、ACLを再建する手術は勧められなかったのでしょうか?

関節鏡手術で、手術時間は数時間、入院期間は長くても1週間、日常生活をできるようになるまで3ヶ月程度で済む手術です。

②どれくらいの規模の医療機関の何科を受診されて、どのような診察と検査を受けられたのでしょうか。

③膝関節痛はいつからあるのでしょう。ACL断裂の原因として思い当たる外傷(膝を捻るなど)はあるでしょうか。

④「3週間くらい経過観察」とのことですが、その後はどうなるのでしょうか。理学療法は勧められませんでしたか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

医療 についての関連する質問