JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

薬指ト小指にしびれが病院で手術を受けたが3年立つても益々痛くなりどうしようか困つております 頸椎症4個広げていた抱いた

解決済みの質問:

薬指ト小指にしびれが病院で手術を受けたが3年立つても益々痛くなりどうしようか困つております
頸椎症4個広げていた抱いた Ⅰヶ月入院した
薬は飲んでいます
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

詳細な状況説明ありがとうございます。

しかし何をお訊きになりたいのかが記載されていないようです。

①今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

「正しい答が欲しいのなら、正しく問うことである」という諺語がございます。

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトであると私は考えています。

従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?
「?」で終わり、それに答えらればプラス評価をしていただける質問文形式の文章をご記載下さい、という意味です。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
頸椎症と言われ手術をしたが3年過ぎてもよくならないので他に違う病気の原因があるのではと思い相談しました
右手だけ苦しくてひどいです 特に薬指と小指です また手全体がむくんでいます
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

②症状を自覚するようになってから手術を受けるまで、どれくらいの期間がありましたか?

③術前に、手術をすれば指の痺れは無くなると、執刀医に説明されていたでしょうか。

④術後、いったん良くなった痺れがぶり返してきたのではなく、手術をしても痺れが良くならず、それが「ずっと続いているということだと理解してよろしいですか?

⑤「3年過ぎてもよくならないので他に違う病気の原因があるのでは」というご質問に対する主治医の見解を教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
②6ヶ月
③痺れは手術を(頸椎)すれば治るといわれた
④そうです
⑤薬だけは続けてこれ以上は何ともならないので我慢するしかない 外に原因はあるとは言われてない
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

結論としては、執刀医の予後見立てが間違ったということだと思います。

恐らく診断は間違っていないでしょう。「他に違う病気の原因がある」可能性は低いのではないかと思います。頚椎症で、現在の相談者様の症状の説明は付きます。

頚椎症には、手術を必要としない「頚椎症性神経根症」と、手術を要する「頚椎症性脊髄症」があります。

相談者様は手術を受けられていますから、後者であったと思われます。

この病態は、頚部の脊柱管狭窄症とほぼ同義です。

https://medicalnote.jp/contents/150729-000009-CSRWUZ

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

まずここまで、よろしいでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました
質問者: 返答済み 1 年 前.
痺れと、むくみと、苦しいのは、これ以上よくならないのでしょうか?
また治療法はないのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

頚椎症性脊髄症≒頚部脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ、軟部組織の骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため上半身の痺れや痛みが現れる病気です。

狭窄した脊柱管によって圧迫され続ける神経には、時間経過とともに不可逆的な変化が起こり続けます。不可逆とは、元に戻らないという意味です。
脊柱管狭窄症は、もちろん、初期には保存的治療(非手術的治療)が行われます。手術に踏み切る際のひとつの目安になる症状は、安静時にしびれや痛みが現れているかどうかです。

相談者様の場合、神経に不可逆的な変化が起こり、そのために手術をしても後遺症として痺れが残存しているのだと思われます。

手術そのものは成功したのだと思われますから、術後間もなく症状改善が得られなかったのであれば、整形外科に行ってもこれ以上の変化は望めない可能性が高いでしょう。
整形外科主治医に紹介状を作成してもらい、ペインクリニックを受診されることをお勧めいたします。
リリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、そして神経ブロック注射が有効な場合がございます。

下記のサイトから、ペインクリニックを検索することができますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】
http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問