JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

イレウス管での治療をして3か月経ちますが、長時間の飛行機に乗っても大丈夫ですか?

解決済みの質問:

イレウス管での治療をして3か月経ちますが、長時間の飛行機に乗っても大丈夫ですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】おはようございます。猫山と申します。ご質問いただき誠にありがとうございます。 ①本件をイレウスの主治医には相談されるご予定はないでしょうか。 ②イレウスは色々な原因で起こりますが、相談者様の場合、イレウスが起きた原因は何だったのでしょう? 機械的イレウスですか、機能性イレウスですか。さらにその下位分類はいかがでしょう。http://www.doctor-nabi.com/ileus-kind/ ③飛行機には何時間くらい乗るのでしょうか? 行き先は国内ですか? 現地に十分に設備が整った医療機関はありますか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
暫く検診がないので、聞くチャンスがないのです。
以前卵巣嚢腫摘出手術を受け開腹しているので、それが原因で癒着をしたのでは?と言われました。
旅行は8時間ほどハワイまで行きたいと思っていますが。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 癒着性イレウスですので、気圧が低い飛行機に乗ることで腸管にガスが溜まり、お腹がぱんぱんに張る可能性があります。事前に腸を空にしておく、機内食を控えるなどの工夫をされるべきでしょう。http://chouheisokuyobou.seesaa.net/article/421850604.html#more↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ また、現地での食事内容なども普段とは違ってくるでしょうから、現地でイレウスを再発する可能性も否定できません。旅行保険に入ることと、旅行会社を通じて現地で万が一のことがあったときの病院の手配をされておくべきでしょう。 飛行機に乗ること自体は注意をすれば問題はありませんが、「イレウスになりやすい体質」とは今後も付き合っていかなかればなりません。海外に行かれるということであれば特に、事前の準備を怠らない方がいいと思います。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問