JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

教えてください゜ 75歳の男性ですが、食べ物の飲み込みが悪くなり10日前に病院に自力で行きました。 その後色々検

解決済みの質問:

教えてください゜
75歳の男性ですが、食べ物の飲み込みが悪くなり10日前に病院に自力で行きました。
その後色々検査を受けている時、3日前から急に呼吸困難状態に陥り集中治療室で強制呼吸に繋がれ、意識はありません。病院は感染症の敗血症にかかっているとのことです。あらゆるへ検査の結果は異常は見つかってなく、原因究明中とのこと、わかりやすく言うと、病院に入ってから意識不明になった様で、受け入れられません。
この様なこともあるのか、アドバイスを宜しくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。ご質問いただき誠にありがとうございます。 いただいた情報が限られていますので何とも申し上げかねる部分がありますが、「この様なこともあるのか」と聞かれれば、「ありうる」とお応えするしか無いのですが…… ①「色々検査を受けている時、3日前から急に呼吸困難状態に陥り」とのことですが、どのような検査を受けていたときに呼吸困難状態に陥ったのでしょう。 ②「病院は感染症の敗血症にかかっているとのことです。あらゆるへ検査の結果は異常は見つかってなく、原因究明中」とのことですが、検査結果に異常が無いのに、なぜ敗血症と診断が付けられたのでしょうか。 ③その患者様に持病や常用薬があれば教えて下さい。 ④受診したのはどれくらいの規模の医療機関の何科だったのでしょうか。検査入院していたのでしょうか。 ⑤相談者様と患者様のご関係を教えて下さい。本相談の結果をどのように利用されるおつもりでしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返信が遅くなり申し訳ありません。
質問の回答とその後の病院の説明を報告いたします。
1.質問の回答
持病は特にありません。常用薬はありません。
病院の規模は500床の地方中核病院で内科担当の先生です。
私は患者の実弟で患者の居住地より300キロメートル離れた場所に居住しています。
受信のきっかけは、倦怠感、食欲ダウン、飲み込み力の低下で受信し4月30日入院、血液、尿、心拍等の検査ct
5月3日にふらつき、立位困難となり5月5日意識状態が不良、呼吸状況悪化 5月5日 c t 検査 5月7日 m r i検査5月8日
c t 検査
2。昨日、今日の病院の説明
まず、本日の説明は、難病のギランバレー症候群と判断されるが、確定ではない。
髄液を採取し確認しかけたが、以前の腰のヘルニアの手術で骨が邪魔して針が刺せないが、治療を急ぎたいとのこと。
急変前後のデータは、院内 c r p量は4/30 10.71 5/5 5.19 5/8 18.83 5/9 14.46 5/10 14.99
c t 検査の説明で、軽度の誤嚥性肺炎、冠動脈の石灰化等々の説明ですが、概ね問題なく、病院も困惑状態でした。
血液検査のデータや映像データのコピーはもらっています。
ご意見を教えてください。
以上
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 「病院に入ってから意識不明になった様で、受け入れられません」とのことでしたが、追加で頂いた情報を拝見しますに、入院した5月2日になって急に状態が急変したわけではないのであろうという印象をうけました。 「受信のきっかけは、倦怠感、食欲ダウン、飲み込み力の低下で受信し4月30日入院」とのことですが、即入院となったほどですから、初診時の状態はかなり悪かったのだと推察します。「倦怠感、食欲ダウン、飲み込み力の低下」は、おそらく、かなり前から少しずつ進んでおり、お兄様はいよいよ我慢できなくなったところで病院を受診されたのではないでしょうか。 これは、お兄様がそうであったのであろうということではなく一般論ですが、ご高齢の患者様の場合、ちょっとした不調ですぐに医療機関を受診される方と、ぎりぎりまで我慢する方の両極端に分かれる傾向があります。後者の場合、加齢による体力・抵抗力の低下のために症状は加速度的に悪化しやすく、病院を受診した後に雪崩を打ったように全身状態が悪くなる方が少なくありません。 ゴールデンウィークとも重なったこともあり、早いペースで検査を進められない時期にお兄様は入院されたことになります。このため診断が付く前にお兄様の症状が悪化してしまい、治療が後手に回った可能性は否定できないでしょう。 それでお兄様が集中治療室に入ったことを「納得出来ない」と言われるのは病院や主治医に対して酷であるように思われます。現在の状態に対する対症的な治療を継続しつつ、根本原因の診断を付けるべく主治医は努力されていると思います。 お任せして推移を見守られるべきではないでしょうか。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問