JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めてご質問させて頂きます。 梅毒について質問です。 健康診断の血液検査で3年前から梅毒が追加され、H25か

解決済みの質問:

初めてご質問させて頂きます。
梅毒について質問です。
健康診断の血液検査で3年前から梅毒が追加され、H25から3回実施しています。
TPHAと凝集法の2種類あり、H25,H26は陰性でした。昨年(H27)はTPHAで0.1凝集法で0.2という結果でした。特に、再検査や特筆すべき事が記載されていませんでしたので、そのままにしていましたが、最近気になり始めてしまいました。
これは、H26までは陰性だったが、H27までの1年の間に感染したが何らかの影響で発症しなかった、という事なのでしょうか。梅毒に1度感染しているという意味なのでしょうか。
御回答よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。ご質問いただき誠にありがとうございます。 「TPHAで0.1凝集法で0.2という結果」は、どちらも梅毒反応が陰性であることを示す数値です。TPHAの正常値は80未満:http://www.srl.info/srlinfo/kensa_ref_CD/KENSA/SRL0325.htm凝集法(STS法の1つであるRPR法)の正常値は1.0未満:http://www.srl.info/srlinfo/srlnews/2011/2011-04.html 両方で陰性ですので、一般論として相談者様に梅毒感染の恐れはありません(ただし、梅毒感染直後はSTSでも検出できず。思い当たるふしがある場合は、念のため数週間後に再検査)。http://89314.link/seibyokensakit/entry31.html 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
御回答ありがとうございました。1点教えて下さい。感染していない=数値0ということではないのでしょうか。感染していないのに数値が微量にある事がよくわかりません。何度も申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 「感染していない=数値0ということ」ではありません。TPHA法や凝集法では、梅毒への抗体、もしくは梅毒の成分の一部を測定していますが、これらはそれほど鋭敏な指標ではなため、一定の値以上にならなければ「陰性」と見做されます。 「TPHAで0.1凝集法で0.2という結果」であれば測定誤差の範囲内だと思います。肝臓が全く悪くなくともALTやAST(GOTやGPT)が0にならないのとは若干理屈が異なりますが、「0=正常」ではないということです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問