JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

22才の娘が急性骨髄性白血病で治療中です。M2の8.21転座ありです。今は、地固めの3クール目です。最初は、抗がん剤

解決済みの質問:

22才の娘が急性骨髄性白血病で治療中です。M2の8.21転座ありです。今は、地固めの3クール目です。最初は、抗がん剤だけでいけると、希望を持っていましたが、2クール目の時に、マルクの結果で、最初は210000、寛解導入後30000、地固め1クール目5700、2クール目700、という減り方なので、おそらく、再発の可能性がたかいから、3クール目の値に関わらず、初回寛解時に、移植をしたほうがいい、と勧められました。兄と姉とは、HLAが一致せず、バンクに登録してドナー探し中です。(フルマッチの方は10人以上いらっしゃるそうです)でも、移植をするのには抵抗があり、セカンドオピニオンで2か所いきました。がんセンターでは、微妙な数字ですが、う~ん、といいながら、移植賛成派。虎の門病院では、再発するのは50%、様子を見ていいのでは?確かに微妙な数字、といわれました。迷っています。初回寛解時に移植するべきか、再発した時に考えればいいか、ご教示ください。また、卵巣保存も考えていますが、抗がん剤治療を4クールもやっていても、可能でしょうか?また、将来、その卵子を使って妊娠は可能でしょうか・
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】こんにちは。猫山と申します。ご質問いただき誠にありがとうございます。 既に、2箇所、規模の大きな医療機関でセカンド、サード・オピニオンを受けられています。重々ご承知のことだとは存じますが、「セカンドオピニオンとは、主治医が示した一つのオピニオンについて、別の視点から意見を聞くことで す。情報が増えることで、選択肢が増えたり、その選択肢を判断するための材料が集まります。その上で、患者さんが考える納得のいく治療に近い治療法は何か を検討します。 セカンドオピニオンを主治医にフィードバックすることで、ファーストオピニオンを出した主治医がセカンドオピニオンのメリットとデメリットを述べてくれます」(http://www.2og.jp/qa.html#qa3 より引用)。  ①実際に相談者様を診察できず、検査所見も拝見できないインターネット相談はセカンドオピニオンの代替にはなりません(利用規約に記載されている通りです)。本来の主治医にセカンドオピニオンの結果を持ち帰り、治療方針を相談されるべき段階だと考えますが(卵子に関するご質問も主治医にされるべきだと思います)、そうされないのはなぜでしょう? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
主治医にはもちろん再度話をして、セカンドオピニオンの結果、二箇所で意見が違うが、どうするかは、患者が決めてと言われました。主治医は、やはり、移植を勧めました。
卵子保存については、主治医に話しましたが、よくわからないと。
紹介はできると。
なので、私が自分で調べて相談してみました。
こちらには、更に別の視点でのアドバイスを伺いたくて投稿してみました。できれば移植を避けたいのが本音ですが、
再発してから移植するより、やはり初回寛解時に移植したほうが良いのか、悩むところなので質問しました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 セカンドオピニオン以上のことをインターネット相談では申し上げられませんので一般論になりますが、若年者のAMLで、寛解導入療法後の予後が不良と予想されているわけですから、治療ガイドラインに従えば造血幹細胞移植が推奨されます。http://jsco-cpg.jp/guideline/12.html 卵子保存は「抗がん剤治療を4クールもやっていても、可能」ですが、採卵には高い技術が必要とされます。造血幹細胞移植の前には行う必要があります。https://gansupport.jp/article/measure/measure09/3464.html 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。たびたびすみません、もう少し質問させて下さい。
もし、今の地固め3クール目が無事終わって、マルクをして、数値が100以下に下がっていても、やはり、再発する可能性はあるのでしょうか。
また、再発してから移植する場合、移植の成功率は下がりますか?
また、免疫療法とか、樹状細胞療法とかいろいろありますが、白血病には効果はないでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
まず、現状、免疫療法には多くを期待されるべきではないでしょう。 再発した場合、もう一度寛解させてから移植を試みることになります。移植自体の成功率は変わりませんが、移植できるようになるまでの体力の回復に時間がかかります。 今後の再発可能性ですが、どこまで数値が下がるかではなく、これまでの経過から再発可能性が高いと判断されているのだと理解します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
なるほど、理解致しました。参考になりました。
ありがとうございました。
覚悟してこれから先、臨みたいと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
どういたしまして。少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 どうかお大事になさって下さい。 システム上での評価をお願いいたします。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問