JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。 90歳の父が救急搬送されて心肺停止の状態になり、気管挿管で人工呼吸を開始、一命を取り留めまし

解決済みの質問:

お世話になります。
90歳の父が救急搬送されて心肺停止の状態になり、気管挿管で人工呼吸を開始、一命を取り留めました。
その後CT検査で、末期の肺癌であることを知らされ、そのままの状態で1週間が過ぎました。
先日、医師の話で心臓や腎臓も良くないので手術は出来ないことが告げられました。
本人は、2,3日後には覚醒して、筆談で管を抜いてほしいと伝えてきました。
また、これ以上の延命措置は望んでいません。
医師は自宅療養するなら人工呼吸器は外す、転院するなら気管切開してもいい、それ以外の場合は死ぬまでこのまま気管挿管し続けるとのことでした。
医師は詳しい説明をしてくれないこと、突き放したような言い方、家族や本人が本当に望むことを親身に考えてくれていないように感じました。
選択肢としては他にないのでしょうか?
本人も、家族も多くは望んでいません。
気管挿管だけを止めて(気管切開に切り替えて)欲しいだけです。
本当に何もできないのでしょうか?
よろしくアドバイスの程おねがいいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】こんばんは。猫山と申します。ご質問いただき誠にありがとうございます。 ①「気管挿管だけを止めて(気管切開に切り替えて)欲しい」とのことですが、診察医が「転院するなら気管切開してもいい」と仰っているのであれば、転院を前提に気管切開をお願いすればよいのではありませんか? ②今回お父様が入院された病院は、長期療養型の病棟を持たない、急性期治療に特化した医療機関なのではないでしょうか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
早々のご回答あがとうございます。
追加情報を追加情報をご連絡させていただきます。1) 連休中のこともあり、転院先が決まっておりません。
また、このような状況で、受け入れ先があるのかもわからない状況です。
どちらかというと、医師は気管切開すらしたくない様子です。2) 急性期治療に特化した医療機関なのかどうかはよくわからないのですが、長期療養型の病棟はないところです。担当医師は高齢なんだからの一点張りで、何もしたくないという意図が見えているので、家族としては不信感があります。以上、よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 少し酷な言い方をいたしますが、その医師は、「治る患者を治す」能力はそれなりに有している医師なのだろうと推察します。逆に、ご高齢で、末期がんを持つ、積極的な治療方法が無い患者様の処置は自分の仕事ではないと考えているかもしれません。また、折悪しくゴールデンウィーク中でもあります。手薄な休日体勢の中で、不要不急の処置を行いたくないのはわからなくもありません。少なくとも、そう考える医療者がいることは確かです。 ③一般的に考えて、気管切開も、転院も、行われるとしても来週以降になるのではないかと考えますが、違うのでしょうか? 転院先を患者様のご家族が探す必要があるとは思いません。週が明けてから、もしくは6日にでも、その病院のケースワーカーとお話をすることになるのでは? ④相談者様が希望されているのは即時の気管切開⇒転院、なのでしょうか? 以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
深夜のご回答ありがとうございます。3) ご指摘のように、このタイミングですと処置は来週になると思われます。
また、担当医師から転院先の紹介はなく、ケースワーカーへの相談や在宅診療についても何も説明はありませんでした。とりあえず、Web siteで「総合相談センター」なるものが院内にあることが分かったので、そちらには6日か、
週明けに行ってみます。
転院先に関しても、療養型の病棟を持つところに見当は付けていますので、そちらにも相談はしてみます。4)  即時の気管切開⇒転院、というわけではないのですが、もう10日間も気管挿管での人工呼吸を続けています。
本人もそのせいで苦しいことから外してほしいようですし、今後は点滴での栄養補給も減らし、プロポフォールを
増量するとのことで覚醒もままならなくなりそうです。
実際、本日母が病院に行きましたが、父は目を開けなかったそうです。昨日までは、日中の意識ははっきりしてましたので(たどたどしいながらも、筆談ができる程度)、このままでは
昏睡状態にされかねないかという不安もあり、できるだけ早く転院は進めたいところです。何れにしてもGW中ですので、6日以降になるのは仕方のないことだと思っています。遅くまでありがとうございます。
私も就寝しますので、さらなる追加情報は、明日にしたいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
こんにちは。
昨日は遅くまで、ありがとうございました。少し追加情報と気になる点を、書かせていただきます。まず、父の既往歴ですが、若い頃に結核を患い片肺(左側)がありません。
日常生活には大きな支障はありませんが、無理をすると息苦しいということはありました。
その辺りは、本人も片肺なことをわかっていましたから、これまでうまく生活してきていたようです。
また、若干血圧が高くノルバスクを服用(容量はわかりません)していましたが、それ以外は特に何もしていませんでした。1ヶ月前に、胸が痛いとのことで今回の入院先で診察を受け、右肺に小さな癌が見つかりました。
また、心臓等には(高齢だからということ以外の)異常は特に見られなかったそうです(心筋梗塞等はない)。
その時の担当医は、大したことがないからということで近所のかかりつけ医院へ紹介状を書いただけで何もしませんでした。
さらに、近所の医院でも、特に何もしてくれなかったそうです。父は、救急搬送される直前まで、庭の草むしりをしたり、郵便局まで出かけたりと、いたって普通に過ごしていました。今入院している病院は、Netで調べてみると入院患者への回診がなかったり、ケースワーカー等の対応が悪かったりと、あまり良い情報がありません。
実際、父も覚醒が進むと手足を動かすため、途中から手足を拘束されています。救急搬送されてしまったので仕方がないのですが、今後は栄養補給を減らしてプロポフォールを増量し、気管挿管や疾患の苦痛を抑えて死ぬのを待つようにされてしまいました。
担当医は、これ以上何かする必要があるのか等、半ば脅すような口調で、何もする気がありません。人工呼吸器さえつけていれば、覚醒している時は充分元気でした(に見えた)ので、家族としてもやりきれない思いです。このような状況で、転院を受け入れて下さる病院はあるのでしょうか?
(今の病院からの紹介はないことを前提に)もう一度、状態等をまとめます。1. 病名は肺がん(末期)
2. 高齢(90歳)である
3. 片肺がない
4. 入院前の服薬はノルバスクのみ
5. 認知症の症状はない
6. 救急搬送後、気管挿管による人工呼吸(陽圧、胸腔ドレナージ)をしている
7. 麻酔量の調整によってはかなり覚醒する
(手足を動かす、首を動かすことによる意思表示が可能、話すことは理解できる、筆談が可能)
8. 高齢のため、心機能、腎機能はかなり衰えている(らしい)
9. バイタルは安定している(心拍:70、血圧:135/80、呼吸:17)以上でです。
よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 残念ながら、その状態の患者様を受け入れてくれる病院は無いと思います。 入院⇒入院の転院は、転院先にほほどのコネが無い限りは紹介状無しでは成立しませんし、現在のお父様の身体状況では、移動自体がリスクになります。また、積極的な治療を必要としない患者様の受け入れに関してはどの病院も消極的です。そのうえゴールデンウィーク中ですから、転院先をみつけられる可能性は皆無に等しいと考えます。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。医療というのは、冷たいものですね。
患者の最後の望み(家族としてはそんなに無茶を言っているとは思わないのですけど)すら、叶えられないのですね。今となっては手遅れですけど、もう少し早い時期に、療養型の病院に入れておけばよかったです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問