JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脳梗塞を患って1年後に躁うつ病と診断された妻のことで相談です。拒食症がひどくなったのである病院に入院していましたが、

解決済みの質問:

脳梗塞を患って1年後に躁うつ病と診断された妻のことで相談です。拒食症がひどくなったのである病院に入院していましたが、退院後も鬱の状態が1年ほど続いています。家から一歩も出ず、最近は1人でボーッと何を考えているのか分からない状態で過ごす日が続いています。断片的ですが日常会話は普通にできます。が、半年前から通院しなくなり、薬も自分から飲まなくなりました。特に、ここ3日間位、食事を取らなくなってしまいました。家族としての悩みは下記の通りです。
1)取りあえず、何とか食べさせる方法は無いものでしょうか?これ以上食べてくれないと、民間の搬送サービスに依頼して入院させるしかありません。本人は「食べなくても大丈夫」と言い張っています。
2)脳梗塞との物理的な因果関係もあり得るのでしょうか?かかりつけの病院には検査機器が一切無いので、別の病院にその都度依頼しています。。
3)現在の先生からは「良く分からない。このような患者はあまり診たことが無い。」と言われて不安です。先生にも得手不得手があるのでしょうか?
4)病院を変えたほうが良いのか、現在の病院に頼るしかないのか、どこへ行っても治らない病気なのでしょうか?
家族としてわけが分からず、不安な日々です。アドバイス頂ければ幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】こんにちは。猫山と申します。精神科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 ①現在、どれくらいの規模の医療機関の何科で治療を受けられているのでしょうか? 主治医は老年期精神医学の専門医ですか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミングによって回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お世話になります。下記、わかる範囲で回答差し上げます。
1.医療機関の規模 ホームページです http://www.aoki-byouin.com/?p=71
1)診療科目:精神科、児童精神科、老年精神科、心療内科、内科、小児心療科
2)許可病床数:156床(指定病床数10床)
3)入院施設:
*3階病棟(精神科急性期治療病棟54床)
*2階病棟、4階病棟(精神療養病棟102床)
4)医師10名程度
2.治療科
1)精神科(と思いますが、正確には分かりません)
主治医の専門も分かりません。逆に先生の名前から調べる方法ってありますか?お尋ねするのも失礼な感じで・・・。
以上、宜しくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 奥様が通われている病院には、物忘れ外来はありますが、老年精神医学の専門医は勤務していないようです(物忘れ外来=認知症外来と、老年期に特殊な症状の現れ方をする精神疾患を診るという老年精神医学は、必ずしも重なり合う専門性ではありません。詳細は下述)。 ラクナ梗塞は一定以上のご年齢の方であれば少なからず認められる病態ですので、それが奥様の躁うつ病の独特の症状の現れ方に影響を及ぼしているとは思いません。「良く分からない。このような患者はあまり診たことが無い。」と言われて不安とのことですが、高齢の患者様では種々の要素のために奥様のように、ある種異様な症状の現れ方をすることは珍しくありません。 老年期の精神疾患(うつ病、認知症、その他)は、「老化」を抜きに考えることはできません。第一に、脳の器質的な変化による心身の機能低下は、ストレスに対する耐性の低下につながり、小さな変化や刺激でバランスを崩しやすくなります。第二に、社会生活の面では「喪失」を余儀なくされる年代にあたり、退職、重要なポスト(役職)からの引退、収入減少、配偶者や友人の死など、失うもの の多さ、大きさに愕然となることが多くなります。 一方、治療する側からみれば、老化の程度は人によってさまざまだということが診断や治療を難しくしています。こうした患者様では、症状の現れ方も多様なものとなり、薬物療法、精神療法も個々のケースごとに異なる対応が求められます。身体機能の低下に伴う副作用の現れやすさも、高齢者の治療を難しくする要素の一つです。 こうした側面があるために、一般の精神科・心療内科では、一定以上の年齢の患者様には十分な対処ができない場合が少なくありません。老年精神医学の専門医療機関を受診されることをお勧めいたします。 下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。 【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm 栃木県ですとこちらになります。 認定No.:認施第200024号施設名:医療法人栄仁会大平下病院 精神科所在地:栃木県下都賀郡大平町富田1665電話番号:0***-**-****FAX番号:0***-**-****  認定No.:認施第200082号施設名:獨協医科大学 精神神経科所在地:栃木県下都賀郡壬生町北小林880電話番号:0***-**-****FAX番号:0***-**-****  認定No.:認施第200091号施設名:医療法人根岸会足利富士見台病院 心療内科,精神科,老人内科所在地:栃木県足利市大前町1272電話番号:0***-**-****FAX番号:0***-**-****メール or URL:http://www.watv.ne.jp/~afh68/*****@******.***  認定No.:認施第210175号施設名:特定医療法人清和会 鹿沼病院 精神科・心療内科・内科所在地:栃木県鹿沼市千渡1585-2電話番号:0***-**-****FAX番号:0***-**-****メール or URL:http://www.kanumahospital.or.jp/*****@******.***  認定No.:認施第210216号施設名:自治医科大学附属病院 精神科所在地:栃木県下野市薬師寺3311-1電話番号:0***-**-****FAX番号:0***-**-**** 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問