JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2010年白内障の手術の直後から長くふらつきが続き、この半年ぐらいだんだんひどくなって、もう一人暮らしは出来なくなる

解決済みの質問:

2010年白内障の手術の直後から長くふらつきが続き、この半年ぐらいだんだんひどくなって、もう一人暮らしは出来なくなるかと不安です。 耳鼻科で眼振はないといわれました。寝ているとき座ったり腰かけたりしているとき以外(立っている時)は吊り橋の上にいるようです。漢方薬も飲みましたがよくなりません。今はカルナクリン、アデホスコーワをのんでます。効き目は実感してません。薬害も心配です。症状が進んでいるのに今どうしたらいいか分からず相談します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様は浮動性(動揺性)めまいを呈されているように思われます。http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200702/topics.htm↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 回転性のめまいが主に耳鼻科領域の疾患を原因として起こることが多いのと対照的に、浮動性・動揺性めまいは、脳血管障害や脳腫瘍から、肩こり、ストレス、精神疾患の部分症状に至るまで、原因が多岐に渡り、診断に苦慮することが多いことがしばしばです。 まず脳神経外科を受診され、脳の病変が無いかどうかを確認されるべきでしょう。MRI検査が行える規模の脳神経外科医療機関を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問