JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

両脚に痺れと両足の足裏に夕方に成ると痛みが有り、有名大学病院でMRI・動脈瘤検査を受け異常が無く、坐骨神経痛カモと経

解決済みの質問:

両脚に痺れと両足の足裏に夕方に成ると痛みが有り、有名大学病院でMRI・動脈瘤検査を受け異常が無く、坐骨神経痛カモと経過観察と言われましたが、痺れ痛みの本人としては我慢できず病院を離れ整骨院・漢方薬を服用しておりますが、痺れ痛み共に治る気配が無いのですが何か対処方は?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 ①有名大学病院で坐骨神経痛の可能性を示唆されたのであれば、まずその可能性を前提に治療を行うべきであると考えます。リリカはめまい・ふらつきや、劇症肝炎を含む副作用の報告があるお薬ではありますが、頻度は低いものですし、広く用いられている神経障害性疼痛のお薬ではあります。坐骨神経痛(疑)に対して第一選択で処方されるお薬になっています。「整骨院・漢方薬」ではなく西洋医学の治療を受けられるべきと考えます。「何か対処方は? 」とのご質問ですが、今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。 ②腰椎のMRI検査は受けられましたか? ③大学病院では何科にかかられたのでしょう? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
頸椎含め腰・背骨のMRI検査を受けました。女子医大の神経内科で診察して頂きました。
西洋医学=病院での対処を願ってはいるのですが何科に掛かれば良いか、適した病院は何処なのか判らず御相談しております。
住まいは埼玉川口・経営会社は千代田区神田で、今迄5件の医院・病院を受診いたしましたが皆経過観察・湿布の対処です。
私は高血圧の掛り付け医が居り、動脈瘤・糖尿の定期検査も受けて居り共に異常無い状態です。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ④それでは、神経内科で行われた、腰椎のMRIで異常所見がみつからなかったということでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
異常個所・原因不明で医師も悩み坐骨神経痛と思われるとの言葉が出た様です。
私も原因が判らねば完治は望めないと思っておりますが、日々の症状の当事者としては原因よりも現症状を優先し整骨院・漢方薬に望みを託して
いる次第です。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 東京女子医大病院にはペインクリニック外来がありますから、まずそこを紹介していただいてはどうかと思います。http://www.twmu.ac.jp/anes/clinic/pain_clinic.html ペインクリニックは、 1. 原因不明の痛み 2. 原因はわかっているがその原因を取り除けない痛み の治療に有用な診療科です。 「原因不明の坐骨神経痛」として、対症的な治療をまず受けられるべきでしょう。 坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。http://matome.naver.jp/odai/2142985543917531801http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG 坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg 最も多い原因は腰椎のヘルニアや腰椎変性すべり症です。http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-98.html 東京女子医大病院には脊椎・脊髄外来もありますから、そちらも紹介してもらい、原因精査を並行して進められるのがベターであると考えます(神経内科主治医がなぜそれをしないのか不思議ですが)。http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/061/sekitsui2.html 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問