JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hanatanに今すぐ質問する
hanatan
hanatan, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 139
経験:  医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
92395184
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
hanatanがオンラインで質問受付中

83歳の母のことでご相談申し上げます。平成10年に白内障の手術をしました。最近、ドーナツ状のものが見えておかしいとの

解決済みの質問:

83歳の母のことでご相談申し上げます。平成10年に白内障の手術をしました。最近、ドーナツ状のものが見えておかしいとのことで、眼科を受診したところ、白内障のレンズが落ちていると言われたと申しております。受診時にわたくしが同席したのではないため、詳細はわからないのですが、次回の予約は20日先とのことです。落ちたレンズをそのままにしておいて大丈夫なものなのでしょうか。取り除く手術、再度レンズをはめることなど、今後の治療方法について教えていただけましたら、幸いに存じます。少ない情報でご質問申し上げます失礼をお詫びいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  hanatan 返答済み 1 年 前.
眼内レンズ亜脱臼と呼ばれる現象がおきていると考えられます。白内障手術時に挿入した眼内レンズが部分的に接着しているものの大部分が脱落した状態、あるいは、眼内レンズが水晶体嚢内で瞳孔の中心からずれた状態を眼内レンズ偏位の状態があります。
原因としては、手術中の水晶体嚢の破損やチン氏帯断裂によるレンズの固定不良、あるいは、水晶体を支えるチン氏帯が弱い、あるいは、何らかの外力が加わった影響などが考えられます。手術中・手術後に問題がなかったにもかかわらず、嚢内に固定したままで眼内レンズが偏位・脱臼することも稀にあります。
治療方法は2つあります。眼内レンズを摘出して新たに眼内レンズを挿入し、縫着する方法、あるいは、眼内レンズを摘出せずそのまま眼内レンズを縫着する方法があります。
亜脱臼が起きる頻度は0.2~2.8%と言われています。挿入後、18年程経過していますので、長期間挿入されていることなども危険因子の一つと考えられます。眼科主治医がお話されている通り、次回予約時、手術についてお話があると思います。是非、付き添いをされて下さい。
hanatanをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  hanatan 返答済み 1 年 前.
他に何か不明な点はありませんか?また何かありましたらご質問下さい。

医療 についての関連する質問