JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

突然の質問にもうしわけありません。現在うつ状態で仕事を休んでおります。もう約20年近くうつ病と付き合っています。出産

解決済みの質問:

突然の質問にもうしわけありません。現在うつ状態で仕事を休んでおります。もう約20年近くうつ病と付き合っています。出産をしてすぐにうつ状態がでてしまい、治療をして、仕事にも短時間ですが復職しました。ですが、1年と少しで疲労蓄積によるうつ状態で布団から出られなくなりました。それで、今、心療内科で診察を受け病気休暇中です。今通っている病院に不安などはないのですが、うつ状態で頭痛がしたり、腰は整形外科でみてもらい、痛み止めを飲んで寝れるのであれば大丈夫といわれているのですが、下痢をしやすかったり、腰や骨盤のあたりが痛むのですが、同時にそこのお腹のあたりが痛む日もあり、悩んでいます。どこの病院に行けば総合的に診察してもらえるでしょうか?よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】こんばんは。猫山と申します。精神科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 少し補足情報を下さい。①デプロメールはあまり強くない抗うつ薬ですが、1日何mg服用されていますか? ②これまで他の抗うつ薬は十分量・十分期間用いられてきましたか? ③薬物療法しか受けられていないのでしょうか。 ④「総合的に診察」とはどういう意味でしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
デプロメールは、50ミリ1日3錠です。薬は、もう現在の心療内科に通ってからはあまり変更がありません。薬物療法と通院のみです。よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ⑤うつ病が薬物療法だけで治ることはありません。受診されている病院には臨床心理士(カウンセラー)はおられないのでしょうか。病院は、最初から同じところに通っていますか? ⑥実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/ ⑦腰を診てもらっている整形外科はどれくらいの規模の医療機関ですか? 整形外科での、腰痛の原因に関する診断名を教えて下さい。 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
追加⑧腰のMRI検査を受けられたことはありますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
カウンセラーさんはいます。ただ、有料の保険の効かないものなため、使ったことがありません。先生とお話をして、状況把握をして、お薬をもらっています。現在は2週間に1回診察に行っています。病院は、ずっと通院していた病院が病院を閉めることになり、ネットで探してみつけて通っています。17点でした。整形外科の先生からは病名は伝えられておらず、腰とお尻の骨と骨の間のクッションのようなものが減ってしまい、痛みがでているとのことです。仕事に行っているときはコルセットしてました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
有料で保険がきかないため、カウンセリングを使ったことはありません。先生にも勧められたこともありません。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 まず腰ですが、椎間板が摩耗しているために腰痛が現われているということでしょう。うつ病の症状として疼痛が現われることがありますが、はっきりと所見があるわけですから、腰痛は整形外科的な問題です。 ④の繰り返しになりますが、「どこの病院に行けば総合的に診察してもらえるでしょうか?」というご質問の意図を教えて下さい、1つの病院の1つの診療科で、うつ病も腰痛も、しかも保険が効く治療法で治せるところはないか? という意味でしょうか。 ⑤相談者様のうつ病治療のゴールとして目指しているレベルを教えて下さい。 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。※回答は夜明け以降になります。ご了承ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
大変申し訳ありません。つぎのページの質問に答えようとしても、進めない状況です。そのため、こちらにきさいさせていただきます。MRIはとったことがなく、レントゲンのみです。総合的にというのは、うつ状態から、なにか変な病気が自分に起きているのではないかという心配で腰や骨盤の痛みや頭痛についてもとことん診察をしてくれる医療機関がないかが、知りたいです。もし、今の自分に必要であれば保険外治療も考えております。うつ病については、現在の先生からは完治することはないと言われているので諦めています。なので、くすりを服用してでも育児とと仕事の両立ができていたときに戻りたいのです。以前に反復性うつ病性障害という診断がでていたじきもあります。自分の持っている心の病とうまく付き合ってうつ病を発生させずに生きていくことがゴールです。そして、もし、大人のアスペルガー症候群の治療をしている病院があったら知りたいです。日本語が苦手なため、上手く表現できなくて大変申し訳ありません。よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。ご返信ありがとうございます。 まず、現在の医療は専門分化が進んでいますから、「腰や骨盤の痛みや頭痛についてもとことん診察をしてくれる医療機関」は、1つの医療機関ではありません。浅く広く診てくれる一般医か、深く狭く診る専門医かのどちらかを、事実上は選ぶしかないのです。 整形外科に関して申し上げれば、相談者様の主治医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、そもそも、MRI検査を行われていないのであれば、診断からして眉唾ものです(レントゲンでは骨しか映りません。「骨と骨の間のクッションのようなもの」は映らないのです)。私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。 骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科 学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高 い診療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html 頭痛に関しては頭痛の専門医にかかられるべきでしょう。 【日本頭痛学会認定の頭痛専門医】http://www.jhsnet.org/ippan_senmoni_ichiran.html 「うつは心の風邪」というキャッチフレーズで患者様に受診を促すような啓蒙活動がかつて行われました。http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-108.html しかし近年では、「本当の」うつ病には慢性疾患であり、症状が寛解した後も維持療法、具体的には抗うつ薬の服用を継続すべし、というのが最近の治療論の主流になっています。その意味では、全てのうつ病が「反復性うつ病性障害」になりうるのです。諦める・諦めないではなく、うつ病に「完治」はありません。http://d.hatena.ne.jp/iDES/20090615/1245053703  うつ病の薬物療法の原点にして頂点は、1つの抗うつ薬による単剤治療です。1つの抗うつ薬を最大耐用量か最大承認用量まで増量し、十分期間(4~6週間) をかけて有効性を評価し、もしも効果が無いようならその抗うつ薬を止め、その抗うつ薬とは異なる効き方をする別の抗うつ薬を十分用量・十分期間試みる…… というやり方で、それぞれの患者様と「相性」のよい抗うつ薬をみつけるべきなのです。現在の相談者様で申し上げれば、QIDSで17点もの点数がつきますから、うつ病は良くなってはいません。にもかかわらず漫然とこのお薬を継続する意味は無いと言えます。「薬は、もう現在の心療内科に通ってからはあまり変更が」無いとのことですが、それでは、薬物療法の観点からだけ見ても意味ある治療が行われているとは言えないでしょう。 また、その不適切な治療方針のためもあってうつ病が長期化していますから、単にうつ病が改善しただけでは「育児と仕事の両立ができていたときに戻」ることはできません。足の骨折で、全治までに年単位の時間がかかった場合を想像してみて下さい。20年ぶりに骨折が治ったとして、すぐに元通りに歩くことができるでしょうか?うつ病の場合でも、まず、症状を「寛解」「回復」させ、その後に身体的リハビリテーションに当たる「リワーク」が行われる必要があります。http://www.smilenavigator.jp/utsu/family/rework/re01_04.html そうした治療を受けられる精神科医療機関に転院することも検討される必要があります。 地域の精神科医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。 【全国の精神保健福祉センター一覧】 http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html 以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【全国の精神保健福祉センター一覧】http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html
質問者: 返答済み 1 年 前.
昨晩は深夜にご相談ありがとうございます。こちらに相談をしていることは夫は知りません。どういうふうに整形外科であったり、心療内科を変えることができるのかで喧嘩になりそうです。心療内科の先生とは11年間のお付き合いで、こどもを生む前はうつ状態は継続していても、症状が出ないため7年間仕事を病気休暇することもなかったのです。そのため、病院自体を変えないで、セカンドオピニオンとしてできれば大人のアスペルガー症候群も含めて診察してくださる医療機関にかかりたいです。私の職場には、リワーク研修センターという復職のための機関があります。症状が安定するとそこに通い、復職をするための職場リハビリをします。それで、2回ほど復職をすることができました。ただ、社会に出てからもうすぐ、19年になりますが、うつ病は完治せずずっと続いています。アスペルガー症候群だとわかったのも30歳の時にリワーク研修センターの診心理士さんが、もしかしたらと気がついてくださり、検査をうけてわかりました。それから、出産まで大きく休むことなく来れました。その前は、うつ状態や、パニック障害などで仕事を休んでは、出て、また休むを続けていました。私は、どうしたらよいでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 「どうしたらよい」のかどうかは私に答えられる質問ではありません。これまでに提示した情報をもとに、相談者様がご自分で決める必要があります。 成人では成長過程で二次的・三次的な要素による人格の変化が起こるために、アスペルガー症候群や発達障害の診断は容易ではありません。よって、精神科を受診されれば必ず適切な診断を受けられるというわけではないのです。むしろ、適切な診断を付けられる精神科医療機関は稀です。http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-135.html例:http://www.showa-u.ac.jp/SUHK/department/special/ddis.html、http://www.medcare-tora.com/clinic/adult.html、http://tokyo.asdj.org/p/blog-page_11.htmlむしろ、そうした医療機関を受診されるので無ければ受診する意味がないとも言えます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。 発達障害情報・支援センターにご相談されるなどして、お住まいの地域の拠点病院を教えてもらい、受診されて下さい。 【発達障害情報・支援センター】http://www.rehab.go.jp/ddis/ 以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。システム上での評価をお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
3つ目のリンク先修正http://tokyo.asdj.org/全国病院発達障害診断大人成人/
質問者: 返答済み 1 年 前.
いろいろ、ありがとうございます。今のままではダメなことはよくわかりました。評価をするとのことですが、その場所がわかりません。画面のどちらにありますか?最後まで大変申し訳ありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
たびたびもうしわけありません。評価をする場所を見つけました。いろいろありがとうございます。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
http://ww2.justanswer.jp/ja/help/topics/142 より。 【回答を評価するには、どうすればいいですか】 専門家からの回答の下に表示される、5つの顔から1つ選択して、回答を評価してください。プラス評価をすると、回答作成に費やした時間に対し専門家に報酬が支払われます。プラス評価をされない限り、回答した専門家に報酬が一切支払われません。またボーナスのお支払は任意です。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問