JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Sugarに今すぐ質問する
Dr.Sugar
Dr.Sugar, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 51
経験:  医師歴10年
92847786
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Sugarがオンラインで質問受付中

突然の質問失礼いたします。 約3週間前に扁桃腺摘出手術を受けました。直後に味覚障害、舌の痺れを感じました。今は舌先の痺れとその部分の味覚感覚が鈍く、何より舌先で歯の裏側などを触る

質問者の質問

突然の質問失礼いたします。
約3週間前に扁桃腺摘出手術を受けました。直後に味覚障害、舌の痺れを感じました。今は舌先の痺れとその部分の味覚感覚が鈍く、何より舌先で歯の裏側などを触るとまるでゴム越しに触っているかのように感覚がおかしいのが気になります。いつか治ることが、わかれば待てます。でも、このまま戻らないのかと思うと辛いです。何か治療をすべきなのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。手術操作による神経損傷か、手術中に使う器械で舌が圧迫されて味覚障害になっていると思われます。これは、一時的なものが多く1〜2か月で治ります。もしなおらない場合は手術を受けた病院を受診してください。お大事に。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。ゴム越しのような舌先の感覚もいずれ戻るのでしょうか?
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
同じ神経の損傷が考えられます。治る可能性が高いと思います。一、二か月、経過をみましょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。1,2ヶ月経過を見てみます。
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
お大事に。ご質問がなければ、最後に評価をお願いいたします。
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
マイナス評価ということですが、なにかご不明な点がございましたら引き続きご質問ください。
Dr.Sugarをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
扁桃腺周囲の神経を傷つけている可能性は低いでしょうか?まだ術後17日目ですが辛いです。
神経は回復するものなのですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
術中に一度、開口器が外れてしまい、やり直しをしたとは聞きました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
本当に精神的につらいのですが…
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
おつらい状況が続いているのですね。味覚障害、舌の違和感がおきている原因は、開口器による舌の圧排です。なるべく力がかからないよう最善の注意をしていますが、残念ながらおきてしまうことがあります。手術中に開口器をかけなおすことはめずらしいことではありません。よりよい視野を確保するためにすることはあります。この神経の損傷に関しては、長期的なお付き合いをしていくしかありません。昨日も申し上げましたが、2ヶ月ほどまずは経過をみてください。経過をみている間のアドバイスですが、しそやゆずといった香りや風味がある食材をまぜるとたべやすくなることもあります。こまめにうがい、歯磨きをして口内部を清潔な状態を保つこともいいと考えます。2ヶ月経過をみるのは大変おつらいこととおもいますが経過を見守るしかありません。もし、御自分で様子をみるのが御心配であれば耳鼻科で味覚障害の外来をやっているところもあります。お大事になさってください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。今はどちらかというと、舌先で、歯などを触った時にどこを触ってもツルツルする歯垢などもあまりわからない感覚が嫌です。まだ舌先には少し痺れている感じがあります。この痺れが取れ次第、感覚も普通のものが戻る可能性が高いのでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
同じような質問ばかりして申し訳ありません。
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
ご不安はお察しします。神経の損傷にはいろいろありまして、①挫滅、圧迫 ②切断 ③過伸展があります。質問者さまの場合①にあてはまります。繰り返しになりますが、①の場合は、3週間から2ヶ月くらいで完全回復すると言われています。ただ、圧迫が長く続いた場合、径繊維の連続性は保たれている場合、最終的に感覚は良好に保たれますが麻痺以前の状態に戻らない場合もあります。(これに関しての検討は、2ヶ月経過後に行います)回復していく過程は、まずは深い部分の感覚がもどり、それに続いて表面の感覚が戻って、そのあとに痛覚の過敏な状態が生じてきます。そうしているうちに、だんだんと位置感覚(どこを触っているかの感覚)がもどってきてそれから正常な感覚にもどると考えられています。
質問者: 返答済み 1 年 前.
手術時間は病室に戻るまで2時間程度だったと聞いています。やはり、長かったのでしょうか?
感覚は良好に保たれるというのは、多少はツルツル感が改善されて、通常の触感に戻るのでしょうか?それとも触感がこのまま残るのでしょうか?
戻らないこともあると聞いて不安になってしまいました。
今のところ、全く感覚がないわけではなく、歯を触っている、当たっている感覚はしっかりと感じられます。
ただ、触った時の触感に違和感を感じて、恐怖を感じています。
手術を受けた耳鼻科でもよくなると思いますので経過を見てくださいと言われましたが、やはり不安でたまりません。
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
手術自体の時間は短いので、大丈夫とは言い切れませんが、長くはないと思います。通常の感覚にもどるのが2ヶ月くらいという意味です。実際に開口器をかけて手術をした先生にしか、本当のところはわからないですし、実際に診察できませんので私が申し上げれるのは以上の内容になります。お話をお伺いしている限りでは、2ヶ月くらいで通常の感覚にもどりそうに思いますが。あとは、手術をした医師に御確認してみてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
今は辛抱して待つしかないのですね。ありがとうございます。先生にも治ると言われて少し気持ちが軽くなりました。信じて2ヶ月待ちたいと思います。
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
ただ信じて待つのはお辛いかもしれませんが、うまくいきますようお祈りしております。他何か御質問がございましたら、分かる範囲でお答えしますので引き続き御連絡ください。お大事に。

医療 についての関連する質問