JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hanatanに今すぐ質問する
hanatan
hanatan, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 139
経験:  医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
92395184
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
hanatanがオンラインで質問受付中

現在、双極性障害かもとのことで、ラミクタール25mgを2錠服用しています。 本日、避妊に失敗し、慌ててモーニングアフターピル(ソフィアA2錠×2)をもらいました。

解決済みの質問:

現在、双極性障害かもとのことで、ラミクタール25mgを2錠服用しています。
本日、避妊に失敗し、慌ててモーニングアフターピル(ソフィアA2錠×2)をもらいました。
ただ、ラミクタールは依然、薬局でピルとの併用は注意と聞いていましたし、ネットで調べてみても、併用注意の欄に乗っています。
とはいえ、生理予定日2週間前と大変危険な日でもあり、飲まないわけにもいきません。。。
影響としては、ピルの失敗率が上がるのか、ラミクタールの効果が弱まるのか他の影響が出るのか、どうなるのでしょうか??
ラミクタールの半減期を過ぎてから飲んだほうがいいでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  hanatan 返答済み 1 年 前.
はじめまして、hanatan と申します。ラミクタールとソフィアA (ノルエチステロン・メストラノール) との相互作用の記載は添付文書には御座いません。ラミクタールと併用することによりお互いの血中濃度が下がる可能性のあるのは、(エチニルエストラジ オール・レボノルゲストレル 配合剤) の方です。ソフィアA とラミクタールを内服しても影響はないと考えられます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
アフターピルのほかに、続けて飲んだほうがいいと避妊用としてトリキュラーとマーベロン(好きなほうをとのことで)も頂いたのですが、これらも併用して大丈夫でしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
あと、、すみません。。ピルの作用や種類はよくわからないのですが、ラミクタールの説明書に、経口避妊薬(卵胞ホ
ルモン・黄体ホルモン配合剤)
≪なお、他の経口避妊薬及び高用量のエストロゲンとの併用は検討されていないが、同様の影響が考えられる≫
とあるのですが、ソフィアAはその他の経口避妊薬に入らないのでしょうか??
専門家:  hanatan 返答済み 1 年 前.
マーベロン(デソゲストレル・エチニルエストラジオール錠) とラミクタールの併用によって、ラミクタールの血中濃度が低下するとの記載は添付文書にはありますが、マーベロンの血中濃度が低下したとの記載は見当たりません。 一方、トリキュラー (レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール錠) とラミクタールの併用により、ラミクタールの血中濃度だけでなく、トリキュラーの血中濃度も低下させるとの記載があります。
専門家:  hanatan 返答済み 1 年 前.
ソフィアA は経口避妊薬ではありません。
専門家:  hanatan 返答済み 1 年 前.
ソフィアA は月経周期を整えたり、出血を少なくとの記載が添付文書にありますが、避妊効果があるとの記載は御座いません。
hanatanをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  hanatan 返答済み 1 年 前.
以上のことから、マーベロン単剤内服で十分と考えられます。ただし、本来は処方した医師、調剤した薬剤師に問うのが正規の方法です。自己責任にて行って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ソフィアAもエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)を組み合わせた薬であることに変わりないと思うのですが。。
ひとまず、避妊効果に問題が起きないなら安心できます。ラミクタール側の効果が弱くなっても、妊娠できる状態ではないので、マーベロンを使用したいと思います。
ありがとうございました。
専門家:  hanatan 返答済み 1 年 前.
ソフィアに関するコメントはあくまで、添付文書上の情報です。 また、現在内服されているラミクタールの量は維持量から比べますと半分か4分1の量です。こういった理由から、元々内服されていたラミクタールの血中濃度は恐らく有効血中濃度に達しておらず(実際の臨床現場ではラミクタールを25mg 以下の量で、うつ再燃を予防するために投与することもありますが)、ラミクタールの血中濃度に影響を与える可能性は僅かであり、また、トリキュラーであっても僅かしか血中濃度を下げる影響しかないと考えられます。

医療 についての関連する質問