JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14316
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一か月半ほど糖質制限をしていましたが、腎臓の血液数値が悪くなりました、元の食事に戻そうと思うのですが、すくに切り替え

解決済みの質問:

一か月半ほど糖質制限をしていましたが、腎臓の血液数値が悪くなりました、元の食事に戻そうと思うのですが、すくに切り替えても問題はないのでしょうか。73歳の男性です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。ご質問いただき誠にありがとうございます。 少し補足情報を下さい。 ①糖質制限は、どれくらい厳密に行っていたのでしょうか? 1日に何gまで等質を摂っておられましたか? ②糖質制限は、我流で行っていたのでしょうか。 ③「腎臓の血液数値が悪くなりました」とのことですが、具体的には、度の数値がどれくらいになったのか、教えて下さい。 ④その時の診察医には糖質制限のことを説明しましたか? 腎機能の悪化は、糖尿病の合併症ではなく、糖質制限食を続けたためであると言われたでしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
本日は追加サービス(サービス名:電話でのやり取り)での対応も可能です(時間のすり合わせはさせて下さい)。ご検討下さい。http://screencast.com/t/nUydYYcei  ※追加サービスご利用をご希望の場合には、ボタンをクリックする前に、まずその旨をご返信ください(即時の対応が難しい場合がありますので、時間のすり合わせをさせていただくためです)
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
失礼しました。糖尿病を患われているわけではないのですね。④の後半は無視して下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
1、糖質制限は、主食3度を抜いて一日40gとしていたのですが、実際には50-60gほどてはなかったでしょうか。
2、出されている書籍をみて、気軽にやってみたのですが、我流です。
3、肉食、魚んど中心ですので、尿酸6.3→7.8 クレアチニン 0.88→1.07 GFR75→53 ccr64.3→46.3 となっています
4、医師には糖質制限のことは説明していません。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 糖質制限食の場合、カロリー制限をしない代わりに肉や魚(タンパク質)を多く摂取することになります。これが腎臓に負担をかけることがしばしばございます(腎臓が悪い方の食事が「低タンパク食」であることからも分かるように、タンパク質は腎臓機能を悪化させうる栄養素です)。  このため、相談者様は、タンパク質の摂取量を減らし(元に戻し)、糖質からの摂取カロリーを増やしていく必要がございます。 しなしながらここで注意をしなければならないのは、急に元の食生活に戻すと、リフィーディング症候群(refeeding syndrome)に近い病態を起こしうることです。http://terra58.hatenablog.com/entry/2015/05/26/210000↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 相談者様の場合は、完全な飢餓状態にあったわけではなく、糖質だけが足りない「偏った飢餓状態」にあると言えます。従いまして、考慮しなければならないのは、糖の吸収と代謝に対する身体の反応です。 通常の食事には、個人差がありますが、300g以上の糖質が含まれます。相談者様は、それを5分の1以下に制限されていましたから、肝臓や筋肉にグリコーゲンの形で貯蔵されていた糖質が枯渇しています。また、糖質に対して、膵臓が「敏感」になっており、糖質を摂取した場合のインシュリンの分泌が活発になっている可能性が大です。 身体に入ってきた糖質を余さず吸収すべく、インシュリンの分泌が本来よりも盛んになっている可能性が高いということです。結果、大量の糖質を摂った場合、「低血糖」になります。糖質を摂取したにも関わらず、高血糖ではなく低血糖になるのです。大量に分泌されたインシュリンが、血中の糖質を全て細胞の中に取り込んでしまうからです。 このため、低血糖症状が起こらないことを確認しながら、1日の糖質摂取量をすこしずつ増やしていく必要があります。 目安としては、まず1日100gを目安に糖質を摂取するようにされてはと思います。低血糖が起こらなければ、3日に20~30gのペースで糖質を増やしていかれるのがよいでしょう。低血糖症状(http://health.goo.ne.jp/medical/10M11300)が現われるようであれば、増量幅を小さくして下さい。軽い低血糖症状であれば、経験的には1週間程度で慣れますので、我慢して、低血糖症状が現われなくなってから糖質を増量してもよいでしょう。 2~3週間程度で元の食事に戻せると思います。 文章で伝えるのが難しいニュアンスもあるのですが、大筋はこのような具合です。 以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 システム上での評価をお願いいたします。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問