JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Sugarに今すぐ質問する
Dr.Sugar
Dr.Sugar, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 51
経験:  医師歴10年
92847786
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Sugarがオンラインで質問受付中

10年程前より上腕骨外側上顆炎で通院、痛みが酷いときは局所注射にて痛みを取っていますが医師より手術を勧められMRIを

質問者の質問

10年程前より上腕骨外側上顆炎で通院、痛みが酷いときは局所注射にて痛みを取っていますが医師より手術を勧められMRIを取りました。手術の可否及び手術方法、リハビリ期間など教えて下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
御質問ありがとうございます。上腕骨外側上顆炎を10年患われているということですね。上腕骨外側上顆炎は、御質問者さまがそうであったように保存的治療方法(手術をしない方法)が第一優先されます。それの効果がない場合に手術治療法が検討されます。手術方法は、さまざまな方法がありますが、どの方法も短撓側手根伸筋という筋肉の緊張を軽減させ、除痛をするという目的でおこなわれます。最近では、関節鏡視下の手術(傷が小さくて済む)も行われているので、入院期間も短くてすみます。術式で、治療成績に大きな差は出ません。詳しいガイドラインを以下にのせておきます。参考にしてください。file:///C:/Users/valle_000/Downloads/123_141.pdf手術の可否ですが、おそらく保存的にみる方法では限界だということで手術をすすめられているのだと思います。リハビリ期間は、以下のページを参考にしてください。http://rehatora.net/%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E8%82%98%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%93%E3%83%AA%E6%B2%BB%E7%99%82%EF%BD%9C%E5%86%8D%E7%99%BA%E3%82%92%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB/現在、患側(病気の方の腕)の握力が、健側(病気になってない方の腕)の握力の3分の2以下である場合は1~2ヶ月を要すると言われています。そうでない場合は、1~4週間ほどです。ただ、いままでの罹患期間や、現在の状態でもことなってくると思いますので、実際に画像をみた主治医に御確認になるといいと思います。参考になればいいのですが。御質問がありましたら、引き続き御連絡ください。
Dr.Sugarをはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
前回診察の際、注射をし現在,痛みはありませんが手術はうけたほうがいいですか?
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
局所注射でよくなっているのであれば、そのまま保存的治療でいいかとは思うのですがおそらく繰り返し注射をされていることを考慮して、そろそろ手術をしましょうかという打診がきたのではないかと考えます。注射でしばらく痛みがもちそうで、御質問者さまもそれでいい思われるのであれば、手術はしないでいままで通りの治療になると思います。御本人の意見もお伝えになられたほうがいいと考えます。(手術はしないでほしい、今の治療を続けてほしいなど)
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。手術を希望しようと思います。手術は局部麻酔ですか?手術の場合入院日数は何日くらいですか?
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
この手術の麻酔方法は、局所麻酔(脇のところに神経ブロックをする方法。)+鎮静(眠る麻酔)になるか、全身麻酔+局所麻酔(脇の神経ブロック)、全身麻酔のみと、3種類の麻酔方法があります。どれを選ぶかは、傷の大きさ、手術時間、手術方法によって違ってきます。まずは、主治医に手術をしたい旨をつげてください。入院後、麻酔科の先生の術前診察のときに、麻酔方法についてもご相談されるといいと思います。ただし、術前診察は、手術前日のことも多いので、気になるようであれば、まえもって整形の主治医のご相談されておくと、入院前に診察+相談ができることも多いです。入院日数は、手術方法によって違ってきます。関節鏡下の手術であれば1週間以内だと思います。関節鏡下でなければもう少し長くなるかもしれません。おおよその目安ですので、申し訳ありませんが、これも手術をされる先生に聞かれるといいかと思います。お大事にされてください。

医療 についての関連する質問