JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Sugarに今すぐ質問する
Dr.Sugar
Dr.Sugar, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 51
経験:  医師歴10年
92847786
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Sugarがオンラインで質問受付中

年齢65歳、事務職の男性です。 今年に入り、左手の薬指、小指およびそれらの手の甲部分が朝起きると固くなってます。

解決済みの質問:

年齢65歳、事務職の男性です。
今年に入り、左手の薬指、小指およびそれらの手の甲部分が朝起きると固くなってます。
指や甲をマッサージ(もみほぐしています)することですぐに回復します。
昼間から就寝時までは問題はなく、目覚めると固くなっています。
対処方法、予防方法等アドバイスをお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
御質問ありがとうございます。朝起きた時の、手指のこわばりという症状がおありなのですね。この症状から一番考えやすいのは、関節リウマチです。たとえば手指を酷使することによる関節痛であれば、その作業を行っている最中や夕方になってから痛みが強くなることが多いのですが、関節リウマチの場合は、朝起きた時に手の指や足の指、膝などの関節が腫れぼったくて動かしにくい(それをこわばりという表現を使います)ことで病気に気付くことがあります。しばらく時間がたてば普段通り動くようになりますが、起床時のこわばり症状が何日も続くような場合は、関節リウマチの可能性を疑います。かかる科は内科(膠原病内科)でいいです。診断方法ですが、問診、触診、血液検査(炎症反応とリウマチに関する自己抗体を調べます)、レントゲン検査などの結果を総合的にみて診断します。関節リウマチは早期発見がとても重要です。早めに内科の受診をすることをおすすめします。なにか御質問がありましたら、引き続き御質問ください。お大事になさってください。
Dr.Sugarをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。早速内科の受診をします。
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
お大事に。早く原因がわかるといいですね。

医療 についての関連する質問