JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Sugarに今すぐ質問する
Dr.Sugar
Dr.Sugar, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 51
経験:  医師歴10年
92847786
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Sugarがオンラインで質問受付中

骨粗鬆症です。10年くらいボナロンを服用、昨年夏股関節にひびが入り骨折で一か月入院しました。 今はなんとか歩けますが、フ

質問者の質問

骨粗鬆症です。10年くらいボナロンを服用、昨年夏股関節にひびが入り骨折で一か月入院しました。
今はなんとか歩けますが、フォサマックを先月から服用しています。(病院が前と違うので)
このまま飲み続けてもよいかどうかお尋ね致します。副作用が心配です。(退院後、医師からエビスタをすすめられましたが
全身がかゆくなるためやめました) よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
股関節骨折ということで大変ですね。ボナロンとフォサマックは作っている製薬会社が違うだけで同じ薬です。10年ぐらい前から服用されていて、それまでに副作用が出ていないのであれば、基本的には副作用を心配する必要はないです。実際に股関節の骨折が起きているようですので、副作用を心配するよりも骨粗鬆症に対してお薬を使うことのメリットの方が大きいです。この薬に特徴的なものとして注意しないといけないのは、(1)抜歯するときは中止しないといけない、(2)内服後、30分以上座っているように言われていると思いますが、食道に残っていると食道に潰瘍が出来たりすることがあること などが特徴的です。その他には、湿疹や肝臓や腎臓の機能が低下することがあるのですが、これらのものはどの薬でも体に合わない時は誰にでも起こる可能性があるものですし、これまでずっと使っていて起きていないならば起こる可能性は低いものなので気にしなくてもいいと思います。以上が参考になれば幸いです。もしも不明な点や不安な点がありましたら、引き続き質問してください。
Dr.Sugarをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
Dr.Sugarさま
的確なご回答ありがとうございます。ボナロンを五年以上飲み続けて骨がもろくなった人がいると聞いたことがありますので、私の場合骨にひびが
入ったのはそのためかもと思ったのですが、どのようにお考えでしょうか。ひび骨折前に転倒はしていませんし、ただ1年くらい前から歩くと左側に体が
傾き、歩きずらい症状は出ておりました。左足の付け根のあたりをかばって歩いていたようです。薬の副作用は怖いので悩んでいます。
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
ボナロンやフォサマックなどのビスホスホネートと呼ばれる骨粗鬆症の治療薬には、長期間服用すると大腿骨に非定型骨折と言われる特徴的な骨折が起きるという報告はあります。ただし、こういった非定型骨折が起きるリスクよりも骨粗鬆症に伴う骨折が起きるリスクの方が高いので薬を使った方がいいと言われています。今回頂いた情報では、1年ぐらい前から左足の付け根のあたりをかばって歩いているとのことですので、このリスクも考えた方がいいかもしれません。しかし、股関節にひびが入り入院したということですので、整形外科で治療を受けていれば、この副作用については担当医も知っているはずですし、X線などの検査でそういった特徴がないかは見ているのではないかと考えますので、内服を再開したということは、ボナロンの副作用による大腿骨骨折のリスクよりも、骨粗鬆症に伴う骨折のリスクの方が高いと判断したのだと思います。ただし、薬の副作用を心配されているようですので、担当医の方にボナロンの副作用で大腿骨の骨折が起こることがあると聞いたということを伝え、質問者様が大丈夫かどうかを確認されてみてもいいかもしれません。現在の不安な気持ちを抱えたまま内服を続けるよりも、しっかり話を聞いて納得されてから継続した方がいいと思います。仮に話をした結果、ボナロンを中止することになっても、ボナロンは骨粗鬆症の治療薬としては効果が高いものですが、使えない場合は他にも骨粗鬆症に対する治療薬はありますので、そういった薬で治療することもできます。現在、処方してもらっている方が整形外科の医師でない場合は、股関節の治療のときに担当であった医師を受診するといいと思います。以上の内容で薬に対する副作用の不安がなくなれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
実は今日、今年二回目の予約で整形外科を受診しました。X線の検査では昨年よりも大分良くなっているようでした。
フォサマックを今年になって再使用し始めたのは担当の整形外科医が私の意思に任せられたからでした。昨年秋退院してからは担当医は
エビスタをすすめられましたが、全身がかゆくなるため飲み続けられなかったのです。担当医はもちろんフォサマックの副作用のことはご存知です。
今日は五月まで12回分の処方を受けました。当分フォサマックでいこうと思いますが、他に良い薬があれば教えていただけませんでしょうか?
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
そのような経緯があったのですね。エビスタは痒みが出るため続けられなかったということですので、他の薬を紹介します。もうすでに内服されているかもしれませんが、ビタミンD製剤は骨粗鬆症でよく使われています。ビタミンKも骨粗鬆症に対して使用されます。また、カルシウムは骨の成分ですので、カルシウム製剤が使われることがあります。その他にもエストロゲンという女性ホルモンや副甲状腺ホルモンなどのホルモン剤もあります。エビスタと同じ作用機序の薬剤ですが、ビビアントという薬もあります。作用機序が同じなので同様の副作用が出る可能性が高いですが、作用機序が同じでも複数の製薬会社から違う薬が出ていますので、薬剤を変えると副作用が出ないということもよくあります。試しに短期間使ってみて痒みが出ないか見てみるというのも1つの方法だと思います。ちょっと特殊な薬剤としては、プラリアという名前の薬があります。これは骨粗鬆症の中では新しい薬で骨吸収に関わるある分子を阻害することで効果がある薬です。この薬に関しては、私も使用経験がないため簡単な紹介しかできないのですが、半年に1回の注射ですが、非常に高価な薬剤で1本3万円近くします。フォサマックとの併用は認められていないようです。骨粗鬆症の薬はたくさんあるのですが、どの部位の骨にどの薬が有効かなどが、まだはっきりと分かっていないところもあります。ビタミンD、Kなどはフォサマックより少し効果は落ちるかもしれませんが、副作用は少なく使いやすい薬だと思います。女性ホルモンのエストロゲンをターゲットとした治療薬もいいと思いますが、乳がんなどの発癌性が不安視されますので、前述のようにエビスタと同じ作用機序のビビアントという薬剤を試しに使ってみるというのも1つの方法です。あとは自分は知識が少ないのですが、新しい薬のプラリアという薬を担当の先生がよく知っていれば相談してみてもいいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
Dr.Sugarさま
いろいろご教示有難うございます。 次回受診予定の五月に担当医に相談してビビアントを処方してもらえないか依頼してみようと思います。
ただ市立の病院で薬の種類が限られているようなので、ないかもしれません。ビタミンDは以前エディロ-ルを飲むと首や腕が赤くなって痒いので
やめた経緯があります。ビタミンKは服用したことがないのでビビアントがなければ担当医に頼んでみます。あとは歩くこと、日に当たること、食事
療法でしょうか。他に何か良い治療法がありましたら教えていただけませんでしょうか?                A.N.
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
ビビアントは、ためしに短期間使用してみて、副作用がでるかみてもいいかもしれないですね。日に当たることは、ビタミンDが増えますのでいいと思います。無理せず、適度にで大丈夫ですよ。お大事にしてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
とても良い勉強になりました。有難うございます。
二度目の骨折がおこらないように、お教えいただいたことを参考にしながらこれからの生活で気を付けていこうと思います。
専門家:  Dr.Sugar 返答済み 1 年 前.
お大事にどうぞ。少しでもお役にたてたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問