JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1年前、右膝内側部分のガングリオンを取り除く手術をしました。もう動作などに問題もなく自由に動かせ軽い運動くらいならし

解決済みの質問:

1年前、右膝内側部分のガングリオンを取り除く手術をしました。もう動作などに問題もなく自由に動かせ軽い運動くらいならしてしまっているのですが、手術した部分から手術時に関係のない膝から脛の外側にかけての感覚が鈍く、押すなどの圧迫されるような刺激を加えられると、あざのような打撲のような痛みがあります。正座したり膝を付くことが出来ず寝る時もかばいながら寝ています。ガングリオンのサイズが大きく内側側副靱帯を割いて取り除きました。半月板の様子を見るため関節鏡もいれました。今も通院していていろんな治療法を試しているのですが1年経っても良くならないのは不安です。周りからは普通に使って動いていいと言われるのですが周りが思っている以上に運動もしているし圧迫などしない分にはかばってもいません。ただ使いすぎたりすると痛んでくるので長時間は激しく動けません。これからが不安です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。また、ご指名ありがとうございます。 少し補足情報を下さい。 ①執刀医からは、術後の疼痛の原因に関してどのような診断を受けているのでしょうか? 処方されたお薬を拝見する限り、神経障害性疼痛を意識した処方のように思われますが…… ②今回のご相談でご質問になりたいことをもう少し具体的に教えていただけますか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミングによって回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
①神経疼痛として治療を受けていますが、手術していない部分に広範囲で神経障害が出ているのがわからないといった状態です。
②考えられる原因や他の障害の可能性などあれば教えていただきたいと思いました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ③手術を受け、現在も治療を受けているのは、どれくらいの規模の整形外科医療機関ですか? ④原因がわからないまま治療するのはある意味、危険であると思いますが、他院・他科を紹介するというお話が出たことは無いのでしょうか? ⑤腰を悪くされたことはありませんか? 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
③大学病院です。
④出たことありません。自分でも他の病院に行こうとは思っていたのですがその話が出ずタイミングを見失ってしまい行けずにいます。
⑤右腰は数年前から痛みやすいです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ⑥「ブロック注射もやりましたが効果ありませんでした」とのことですが、その神経ブロック注射は身体のどこに打ちましたか? ⑦ガングリオンを取り除く手術の際、全身麻酔でしたか? 腰椎麻酔だったでしょうか? 相談者様はどのような体位をとっていたでしょう。 ⑧相談者様が感覚障害を起こしている部位は、数の赤く塗られた部分(L5と書かれた領域)に含まれるでしょうか。http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑ ⑨ここから先の質疑は、夜明け以降になってもよいでしょうか? 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
⑥ブロック注射は内側の部分と2回目が膝下あたりです。
⑦全身麻酔で仰向けでした。
⑧含まれています。膝部部分とL5の脛部分までです。
⑨朝でも大丈夫です。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。 ここまでいただいた情報からは、膝周囲ではなく、神経のもっと根元、具体的には腰椎に由来する神経障害の可能性を考えています。脊髄の間から、腰椎の間を通って下肢に神経が伸びますが、末梢神経になっていきますが、その成り立ちは、合流と枝分かれを繰り返す、とても複雑なものです(http://kokansetsu-itami.com/muscle/5981/ このページは眺める程度でご覧下さい)。 最終的に、末梢神経レベルでは、感覚の支配領域の分布は下図のようになります。http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2015/02/02/heisakinnsihai2_tori2.jpg つまり、末梢神経レベルでは、「膝から脛の外側にかけての感覚」を司る神経は無いのです。神経ブロック注射の部位をお尋ねしたのはそのためです。「ブロック注射は内側の部分と2回目が膝下あたり」とのことですが、相談者様の訴えを説明しうる神経が無いのに、どこに注射したのだろうと思ったのです。 昨夜お見せした図は、腰髄神経の支配領域を示しています。L5とは、第5腰髄神経(第5腰椎の下から伸びる神経)のことです。合流と枝分かれを繰り返す前の末梢神経の根元においては、守備範囲はあのようになるということです。 一般論として、膝に痛みがある方は、それを庇うためか腰に負担がかかる傾向があります。手術時の長時間の仰臥位で、腰に負担がかかることもあります。 一度、主治医に、腰から生じている下肢の感覚障害である可能性はないか相談し、できれば腰椎のMRI検査を受けさせてもらうことをお勧めいたします。 実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、私に考えうる「考えられる原因や他の障害の可能性」はこれくらいになります。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます!
少し他の可能性を知れたのでスッキリしました。主治医に相談してみます!
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談ですので、文字情報に基づく推論に過ぎませんが、少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問