JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

患者は80歳を迎える母親で、数年前から腕が前方上部へ上がらなくなり、ここ1年でかなり痛みを伴うようになりました。自分

解決済みの質問:

患者は80歳を迎える母親で、数年前から腕が前方上部へ上がらなくなり、ここ1年でかなり痛みを伴うようになりました。自分の正面に位置する食器棚から(目線より15cm程高所)右手を伸ばしてフライパンを取ろうとすると右手が上がらず、フライパンを持った腕に激痛を覚えます。手に何も持たずゆっくりと上に上げると痛みを感じることなく、耳につく程度まで上がります。
形成外科、整骨院、鍼灸治療院など10数箇所のクリニックを変わりながら通院してみましたが、全く治療の効果は見られず腕の痛みは年々増す一方です。
痛みを取り除く治療法、実際に通院できるクリニックをアドバイスしてください。患者の居住地は広島県三原市内です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。 実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。治療は診断ありきで決まるものです。従いまして、「痛みを取り除く治療法、実際に通院できるクリニックをアドバイスしてください」というご質問にこの場で確答することは困難です。 ①お母様の腕が挙がらない原因疾患の診断名を教えていただけないでしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。※※ 病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信がありませんので、暫定的に回答いたします。 肩関節は人体の中でもっとも複雑な構造を有する関節ですので、診断や治療には高い専門性が必要とされます。肩関節の専門性が高く、MRI検査が行える規模の整形外科医療機関を受診されることをお勧めいたします。例:http://www.shimogamo.jp/shoulder.html、http://www.shoulderjoint.jp/inpatient.html#inpatient03 治療については、まずはそうした専門医のもとで診断を受けられてから説明・相談ということになります。 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お世話になります。患者本人に確認したところ、地元の整形外科医院にて肩関節から上腕部にかけてレントゲン写真を撮り特に骨には異状はなく、主治医の先生からは病名は告げられることはなく「痛みがひどいのであれば」と、肩関節部付近に注射を施して頂いたとのことです。主治医に「以前は、膝の痛みもあり歩行が困難だった」と告げると、膝にもピンポイントで注射を打って頂いたとのことです。1週間に一度のペースで約4ヶ月間通院し毎週、肩関節部に注射をしたが改善は見られず現在に至っています。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 レントゲン検査では骨しか映りませんので、腱や靱帯が入り組んだ肩関節疾患の診断にはほとんど意味がありません。骨折や脱臼はしていないことがわかるだけです。 お母様の地元の整形外科医院地元の主治医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「湿布を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。 私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。 繰り返しになりますが、肩の専門医を受診されることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生、
大変、参考になりました。ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 どうかお大事になさって下さい。 システム上での評価をお願いいたします。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問