JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨日の午前9時頃、押入れの高いところに荷物を置こうと自然に手を伸ばし少し上を向いたところで姿勢感覚がなくなり後ろへ姿

解決済みの質問:

昨日の午前9時頃、押入れの高いところに荷物を置こうと自然に手を伸ばし少し上を向いたところで姿勢感覚がなくなり後ろへ姿勢は真っすぐのまま倒れ畳に頭を打ちました。倒れながらも意識はありましたが自分の姿勢がわからず何もできないまま倒れました。倒れた後も意識はしっかりありました。もともとメニエールを持っていますがその発作ではないようです。
鼻の奥あたりに違和感が残っている感じです。
それ以外は症状はありませんが、ショックからか少し体に力が入りづらい感じがします。
様子を見て大丈夫でしょうか。47歳 男 事務職 です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。 上を向くために顔=頭部を動かしたことで平衡感覚の狂いが生じ、しかし意識障害・眼前暗黒感も無く、その後は特に問題無く過ごされていたのであれば、相談者様が呈されたのは「良性発作性頭位めまい症」であった可能性が高いと考えます。【良性発作性頭位めまい症】http://health.goo.ne.jp/medical/search/10B41300.html↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ その場合、同じような頭位変換時に気をつけつつ、様子を見ていてかまいません。 もう一つ考えなければならないのは、結果として「真っすぐのまま倒れ畳に頭を打」ったことです。 ①吐き気や頭痛はありませんか? ②昨夜は普通に眠られたでしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
寝不足時のような頭の重さと、軽い吐き気があるような無いような感じがします。吐くほどではないです。
倒れた時に首の筋を痛めたせいか寝ずらかったですが睡眠は取れました。
朝食も普通に取れました。
よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 既に店頭から12時間が経っていますから、脳のトラブルについては可能性は低いと考えてよろしいかと存じます。ただ、首にはダメージがあるかもしれません。 本日これから救急病院を受診しなければならないような緊急性はありませんが、明日以降できるだけ早く、MRI検査が行える規模の総合病院の、まずは整形外科を受診されて頚を診ていただくことをお勧めいたします。その時点で「頭の重さと、軽い吐き気」が続いているようならば、脳神経外科の受診の要否について、整形外科診察医に相談されてはと思います。頭位変換性めまいが続くようならば耳鼻科も受診すべきでしょう。 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。最後に良性発作性頭位めまい症でただ立っていてそのまま真っ直ぐ倒れるほどの平衡感覚のくるいが出ることがあるのですね。倒れた場所、打ち所によっては相当危なかったと思います。いかがでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 > 良性発作性頭位めまい症でただ立っていてそのまま真っ直ぐ倒れるほどの平衡感覚のくるいが出ることがあるのですね。⇒あります。私は神経内科医ですが、私どもが診察することが多いのは、朝、顔を洗おうとして頭位を変換し、倒れてしまったために、脳の障害を疑って受診されてくる患者様です。転倒による頭部外傷・脳の障害が無ければ、めまいの原因の診断・治療については、特徴的な発症機転から耳鼻科を紹介させていただくことになります。「倒れた場所、打ち所によっては相当危なかった」というのは全くその通りで、しばらくは急な頭位変換は意識的に気をつけられるべきだと思います。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問