JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

89歳になる母の痛みについて相談したく思います。 母は、二分脊椎症だといわれております(背中の腰の辺りにケロイド状

解決済みの質問:

89歳になる母の痛みについて相談したく思います。
母は、二分脊椎症だといわれております(背中の腰の辺りにケロイド状の皮膚のひきつれが生まれたときからあるそうです)。30代には左足の感覚がほとんど無くなり履き物が脱げても自覚できなくなって、いずれ歩けなくなると言われつつも、何とか歩いていましたが、ここ最近は立つのが難しくなり,這って移動することが多くなりました。足の感覚が無くなりかけた頃から麻痺の少ない右足のふくらはぎが引き攣れるように痛いと時折言っていましたが、だんだん痛む回数が増え1日に何度も痛むようです。痛むときはこむら返りに近い感じになっています。ここ数年は排尿困難になって尿道カテーテルの留置、膀胱炎も頻発するようになりました。昨年末から膀胱炎が長引き、脚の痛みが出ると膀胱も痛むというようになり『痛い、痛い!』と言い暮らしています。この痛みに対処する方法は無いものでしょうか?何とか痛みを少しでも和らげられたらと思っています。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。 ①今回のご質問は、膀胱炎による痛みを和らげる方法をお知りになりたい、ということだと理解してよろしいでしょうか? ②お母様の病歴の中で、二分脊椎症に対して、整形外科や神経内科を受診されてはこなかったのでしょうか。 ③現在は「地域包括医療の訪問看護師を経由して膀胱炎の治療中 脚の痛みについては,鎮痛剤を時折もらっている」以外に医療は受けられていないのでしょうか。 ④相談者様はお母様と同居されているのでしょうか。 ⑤例えば、専門医を受診しての検査、治療を受けていただくことは可能なのでしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
本日は追加サービス(サービス名:電話でのやり取り)での対応も可能です(時間のすり合わせはさせて下さい)。ご検討下さい。http://screencast.com/t/nUydYYcei
質問者: 返答済み 1 年 前.
お世話になります。
①膀胱炎の痛みでは無く、脚の痛みを軽減できる方法を知りたいと思います。
母は、脚の痛みと連動しているといい、すべての痛みや果ては膀胱炎の発症まで二分脊椎症からきていると思い込んでいる ようです。今は痛みのことだけに気持ちが向けられているようです。
②田舎のことで近くに大きな病院も無く、最初の頃に信頼していた近所の開業医さんの診断から治療についてはほとんど諦め ていたようです。その時から既に六十年近く経つわけですから,あまりにも放置しすぎですが・・・
③同じ姿勢で長時間過ごすのが辛いと車で外出することはいやがり、近くの開業医さん以外の医療は受けていないのが現状で す。
④母とは弟夫婦が同居しています。私は車で10分程度の所に住み、娘の方が何かと言いやすいとかで何かにつけて呼び出され て手伝うことが多いのですが、細かな日常については把握し切れていないこともあると思います。
⑤痛みの改善の見込みが高く、必要とあれば一緒に受診するよう説得するつもりはあります。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ⑥最初に違和感を持った点ですが、二分脊椎症という診断そのものは信頼が置けるものなのでしょうか?正直に申し上げると、これは小児の疾患で、小児のうちに治療される疾患であるというのか私の認識です。89歳まで未治療のまま経過した症例を、寡聞にして存じません。ただ、典型的な二分脊椎症の症状としては痛みは生じません。http://www.murakamiseikei.com/nibunsekitsuisho2.html ⑦恐らく、二次的に脊椎の変形が起こり、脊髄や、脊髄から下肢に伸びる神経の根元(神経根)が圧迫されている可能性が高いと考えます。痛みを訴えるようになってから、せめて腰椎・仙椎部位のレントゲン検査くらいは受けられていないのでしょうか? 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
⑥詳しく把握していませんが、母が診断?を受けたのはおそらく痛みが出始めた頃だろうと推測します。
既に30歳を超えていたはずですから、治療法も無いと言われ、そのまま母の中で自分の抱える病気として定着したのでは無 いかと思われます。
⑦母曰く「第3腰椎が膀胱と脚の神経に・・・」、どこかでレントゲン検査を受けている可能性はありますが、私が子どもの頃の ことでしょうか? 確かめたことが無いのですが
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
⑧例えば、過去数年間以内に、レントゲン、あるいはMRI検査を受けられていますか? という意味の情報リクエストでした。受けていなければ、ゼロベースで診断から始めなければなりません。治療は診断ありきで決まるものです。よって、その情報は受診先を決める上で非常に重要です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
⑧そうなのですね
過去数年以内にはレントゲンもMRIも撮ってはいないはずです。
痛みで不機嫌なことが日常的になってきたので,せめて痛みを少しでも和らげられたらと思っているのですが、近くにはペインクリニックも無く遠くまで通院も難しいだろうなと思ったりします
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 回答を順序立てて述べると、文章が非常に長くなります。電話対応の提案をした際に、「込み入ったお話になりそう」と申し上げたのはそういうことです。 大きな病院や、ペインクリニックへの受診・定期的な通院がそもそも不可能であるならば、その込み入った部分は端折って、現在の開業医にリクエストすべき処方内容を提案するだけで済むと思います。それならば3~4行で述べられるのですが、それでよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
午後から姉や弟と会って、母のこれからについて相談しようということになっています。
さしあたり現在の開業医さんにリクエストすべきことをご提案いただければ、ありがたいかと・・・
もっと根本的に考えて行動できるに超したことは無いのですが、今現在できることをまずはやってみようと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
それでは、そのようにさせていただきます。 お母様が苦しまれている痛みは、神経の圧迫による「神経障害性疼痛」である可能性が高いと考えます。一般の鎮痛剤は効きません。以下の2つのお薬を、用法・用量通りに処方してくれるよう、現主治医にお願いしてみて下さい。http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1190017.htmlhttp://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1149117.html 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
この後、今回についてはこれで終了となって
姉や弟に会った結果さらに相談したいとなったら、改めての相談と言うことになりますか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
私はその理解でおります。システム上での評価をお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
了解しました。
提示いただいた薬の処方をお願いしてみます。
ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問