JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Zawan24に今すぐ質問する
Zawan24
Zawan24, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 647
経験:  1998年医学部卒業
81186992
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Zawan24がオンラインで質問受付中

現在30歳の息子の事でご相談します。 7年ほど前に職場でなじめなくなりその後休職し、診断をうけたら発達障害と診断さ

質問者の質問

現在30歳の息子の事でご相談します。
7年ほど前に職場でなじめなくなりその後休職し、診断をうけたら発達障害と診断されました。
昨年6月突然妄想が出始め、問題が発生し、7月に精神科を受診し統合失調症と診断され保護入院しました。退院は9月上旬でした。
その後、エビリファイ0.5gを服用し、今のところ妄想や幻聴は収まっていますが、睡眠薬に頼らなければ寝れない事と、なにより締め付けられる様な頭痛が現在も続いています。
脳の検査も確り行いましたが問題はありませんでした。
精神科の先生にも相談したところ、統合失調症特有の過敏症だろうととの事でした。
ひとつ問題があるのは、入院の経緯と個室に入った際の対応などで本人が主治医に不信感を持っていることです。また、入院中、他の患者さんから「医者は信用するな。」「薬は最小限にしておいた方が良い」などの言葉を信じ私たち親の言葉も信じてくれません。
頭痛の為、最近は少し元の状態へ戻っている感じもします。悪夢を見るが詳しい事を話せばまた、
入院させられる」と言っています。
私なりに調べましたが、発達障害(理解力の無さ)+統合失調症の治療薬エビリファイの副作用での頭痛を感じているのではと思います。
頭痛の治療に繋がる治療方法と併せ、不信感を持っている医師の処方する薬を飲ませる方法があれば教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.
実際に診察を行わない限り、判断は難しいですが、お話を伺うぶん、薬効が不十分で被害関係妄想が再燃している印象を受けます。
頭痛で困っていることを含めて主治医と相談し、内服調整を検討されるのが望ましいと考えます。
主治医に対する不信感が強いのであれば、大学病院などでセカンド・オピニオンを求めてみるという方法もあると思われます。

------------------------------------------------------
「より詳しい回答を期待した」などの評価はマイナス評価となり、報酬を受けることができません。回答はまだ終わった訳ではありません。更なる質問がありましたら評価をせず、躊躇わずに質問してください。
質問がない場合は「回答が得られ満足」以上をお願いします。
Zawan24をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

先般相談した者です。

先週、主治医の先生に相談し、エビリファイ0.5gに加え、頭痛と睡眠がとれる様、ジプレキサを提案させていただきましたが、主治医からは錐体外路症状的な副作用もあるのでセロクエル25gを出しましょうと言う事で現在、服用しています。

お陰様で睡眠は取れるようになって来ましたが、右側頭部の頭痛は緩和できていません。

素人ながら精一杯調べたところ、カルパマゼヒンが効果がある旨の事を知りました。

実際、エビリファイ+セロクエルに加え、カルパマゼヒンの服用で頭痛は緩和できるでしょうか。お尋ねします。

質問者: 返答済み 1 年 前.

先般相談した者です。

先週、主治医の先生に相談し、エビリファイ0.5gに加え、頭痛と睡眠がとれる様、ジプレキサを提案させていただきましたが、主治医からは錐体外路症状的な副作用もあるのでセロクエル25gを出しましょうと言う事で現在、服用しています。

お陰様で睡眠は取れるようになって来ましたが、右側頭部の頭痛は緩和できていません。

素人ながら精一杯調べたところ、カルパマゼヒンが効果がある旨の事を知りました。

実際、エビリファイ+セロクエルに加え、カルパマゼヒンの服用で頭痛は緩和できるでしょうか。お尋ねします。

専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.
慢性的な頭痛に対してバルプロ酸やカルバマゼピンなどの抗てんかん薬を用いることがあります。非定型精神病薬と併用される場合もありますが、実際に服用を行わないかぎり有効かどうかの判断は難しいです。担当医ともよく相談されることをお勧めします。

医療 についての関連する質問