JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は昨年末に胸腺癌摘出手術を受け、現在療養中です。先生から再発防止の術後治療として放射線治療を進められています。これ

解決済みの質問:

私は昨年末に胸腺癌摘出手術を受け、現在療養中です。先生から再発防止の術後治療として放射線治療を進められています。これを受けても再発率を10%程度抑えるだけの効果と聞いています。
また、治療後に再発した場合、放射線治療は出来なくなるとも聞いております。治療を受けるべきかどうかを決めかねています。良いアドバイスがあればご教示願えれば幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
術後放射線療法「を受けても再発率を10%程度抑えるだけの効果」「治療後に再発した場合、放射線治療は出来なくなる」というご説明があったのであれば、相談者様の病状において、主治医はそのように判断をしているということでしょう。
実際に相談者様を診察できず検査所見も拝見できないインターネット相談では相談者様の状態が把握できませんから、主治医の説明は正しいという前提で回答いたします。
「治療を受けるべきかどうか」は、端的に申し上げれば相談者様が決められるべき問題です。
ご不安は理解いたしますし、その決断のための材料を求めてこちらを利用されたのだと思います。
ただ「良いアドバイスがあればご教示願えれば幸いです」では、ご相談内容が漠然としていて何とお答してよいか判じかねます。
①今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
放射線治療を行った場合、再発時には同治療が出来なくなるのであれば、再発後に同治療を行った方が良いのではと考えています。いかがでしょうか?
また、術後治療として他に良い方法が在れば教えていただきたい。
放射線治療の副作用はあるのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
術後放射線療法は手術で取り切れなかったがん細胞を死滅させるための治療で、アジュバント療法と呼ばれます。
胸腺がんに対するアジュバント療法は放射線療法のみが知られています。
副作用としては嘔気・嘔吐、食思不振、白血球減少といった副作用が、施術後4週間程度続きます。
放射線療法は基本的にはアジュバント療法として行われるもので、初発・再発の胸腺がんの治療には用いられません。用いられる場合は、患者様の体力が低下していて手術が行えない場合のみですが、そういったケースではがんを根治させることはできません。
「再発後に同治療を行った方が良い」とは言えません。
外科手術、アジュバント療法としての放射線治療という主治医の提案は標準的なもので、利害得失を考えると適切な提案であると私も考えます。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問