JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4104
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

2ヶ月前に敗血症で入院。CRP等の数値が高く 抗生剤で1.5迄下がり 原因菌不明のまま 腎盂腎炎の病名で 1週間前に退院。退院前から

解決済みの質問:

2ヶ月前に敗血症で入院。CRP等の数値が高く 抗生剤で1.5迄下がり 原因菌不明のまま 腎盂腎炎の病名で 1週間前に退院。退院前から 食欲不振、むくみ、胃のムカムカ 胸が痛いなどの症状があるまま 不安な状態での退院に疑問を持つ。退院後に 胸の痛みが続き 2日後 救急に運ばれ 心不全と言われ再入院。3日後に 心臓カテーテル検査を控えているのですが 血圧が高く、胸が苦しい、食欲不振で体力もない状態での検査、今のタイミングで 問題ないでしょうか。エコーでは 心臓の機能が一般の半分以下だそうです。
この検査は間違ってないのか、検査は今のタイミングで大丈夫なのか、腎臓の機能は落ちるが 心臓を優先させて検査すべきか、この症状は 何という病名を疑うのでしょうか。今後 どのような治療方があるのか、父の命を助けたいけれど、相談にのってもらえる人がまわりにいなくて質問させてもらいました。宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
収縮性心膜炎または拘束型心筋症ではないかと思います。その診断のために心臓カテーテル検査の検査を行うと思います。その診断の結果で治療は異なります。腎臓の機能を低下させないようにその検査を注意深く行うと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
2ヶ月の痛み苦しみの長かった入院期間で 体力を消耗してしまっている状態でも、カテーテル検査を3日後に 行う事は 可能なのでしょうか。
収縮性心膜炎、拘束型心筋症が疑われると言うことで、 それぞれの治療方法は どういったものなのでしょうか。
心機能が 通常の半分以下なのですが、治療を続ければ 生活を送る事は可能なのでしょうか。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
カテーテル検査ができないほど体力を消耗していたらカテーテル検査は行わないと思います。収縮性心膜炎であれば体力が回復するまで心不全の薬を使い、その後に心膜切除術を行います。拘束型心筋症であればもしその原因がサルコイドーシスやヘモクロマトーシスなどの病気のであればそれの治療を行います。もし、原因のはっきりしない特発性であれば心不全の薬を使用します。収縮性心膜炎では5年および10年生存率はそれぞれ78%と57%です。特発性拘束型心筋症であればその生存率はあまり良くなく平均68ヶ月です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
有り難うございます。
もともと 心筋梗塞で通院中だったので治療や投薬 検査等 定期的に行っていたのですが 今回の心不全は 突然なものなのでしょうか。徐々にきていた可能性もあるのでしょうか。
原因は 何が考えられるのでしょうか。
ストレスや 大寒波が来てた時の退院だったので温度差等も 考えられるのでしょうか。
敗血症の根元が絶たれてないのも 今回に影響が考えられるでしょうか。
また敗血症の原因菌が不明なままと言うのは 一般的にある事なのでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
あと、入院中に行った輸血も 関係がないとは言えないのでしょうか。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
心筋梗塞で通院中であったとすれば新たに心筋梗塞のために心不全がおこった可能性があります。そのカテーテル検査で閉塞している冠動脈が見つかった場合にステントを置きその狭窄部を拡張するためかもしれません。敗血症により血液が固まりやすくなります。そのために新たに心筋梗塞が起こった可能性もあります。40%から60%の患者に原因菌が見つかるだけです。輸血は関係ないと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問