JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

82歳の父は前立腺癌で、骨盤から背骨、顎の辺りまでのホネに転移がみつかりました。 医師からは骨折の危険性があるので

解決済みの質問:

82歳の父は前立腺癌で、骨盤から背骨、顎の辺りまでのホネに転移がみつかりました。
医師からは骨折の危険性があるので家でも車イスを使うように言われています。
足が痛むようで痛み止めをもらっていますが、量を増やすと2〜3日は効くようですがまた痛くなり更に量が増えるという繰り返しです。
昨年夏に、薬の飲み過ぎが原因で不眠症になり心療内科にかかりました。
今は改善し眠れているようですが、薬が増える事でまた発症するのではと不安になっています。がんは末期でよくなることは無いとおもうのですが、本人は自分で歩く事を望んでいます。この先何とか痛みも無く、自立して生活が出来るようにしてあげたいのですが何か方法はありますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
「薬の飲み過ぎが原因で不眠症」ということは無いと思います。眠れなくなる鎮痛剤というものはありません。
痛みのために日中の活動度が減れば、そのために夜眠れなくなります。
痛みそのもののために眠れないこともあるでしょう。
お父様の不眠はそういうものだと推察します(薬剤名の記載が無いので格言はできませんが)。
率直に申し上げて、複数の骨転移を呈した末期の前立腺がん患者様が「痛みも無く、自立して生活が出来るよう」にはならないと思います。
それが出来ないから「末期」なのです。
これで回答になっておりますでしょうか?
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
自立した生活というか、せめてまだ自分で歩いたりはできているので骨を保護する様な器具のようなものは無いのでしょうか。またペインクリニックで痛みを緩和します事は可能ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
以前は泌尿器科で睡眠薬をもらって飲んでいました。心療内科ではその薬がきつすぎたと言われました
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
> 骨を保護する様な器具のようなものは無いのでしょうか。
⇒残念ながらありません。あれば主治医も勧めていると思うのですが……
> またペインクリニックで痛みを緩和します事は可能ですか?
⇒それはある程度は可能です。骨転移の痛みというのは非常に激しいものなのですが、麻薬製剤によってある程度のコントロールが可能です(恐らく既に、モルヒネが用いられているのではないかと推察しますが)。
ただ、問題は痛みではなく、主治医が仰るように「骨折の危険性」だと思います。
骨転移を起こした骨は脆く、「病的骨折」をきたしやすくなります。
痛みを抑えとしても、安静を保てなければ、軽い転倒で簡単に骨が折れます。
骨盤や、背骨の圧迫骨折を呈してしまえば、お父様の余生のQOLは著しく下がります。
痛みの緩和はもちろんなされるべきですが、だからといって「自立した生活」を目指すのは、現時点では無理があると思いますが……
質問者: 返答済み 1 年 前.
ではやはり車椅子での生活しか無いのでしょうか。車椅子に乗っていれば手を動かしての作業はしても大丈夫ですか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
実際にお父様を診察できないインターネット相談では主治医以上の判断は出来ません。
ただ、上述しましたように、一般論として自立した生活は難しい段階にあると思います。
それは、同居されているご家族の介護力次第ではありますが。
どなたか成人が、お父様が歩くときには常に付きっきりでいられるのならば、歩行は許容されるかもしれません。
お父様の生活を、相談者様を含むご家族が支えてあげることが出来れば、お父様の余生のQOLは間違いなく上がります。
そういった介護体制をご家族内で整えることは可能でしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
現在は81歳の母と2人暮らしです。住居もエレベーターのない2階なので転居も考えています。母はサービス付き高齢者住宅を望んでいて今探しています。私と姉は近くにいますが仕事があって常に側にいれません。両親が1日でも長く幸せに暮らしてもらえるように兄弟で話し合ってみます。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
現在の状況であれば、主治医が車椅子を勧めるのは妥当な判断であると思います。
もちろん、ご家族それぞれ生活がおありですから、色々な要素を総合的に勘案して、最善と思われる決断を下されるべきかと存じます。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問