JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

カテーテル尿管挿入のまま、以前から予定していた灌漑旅行に行くことは可能でしょうか。今週末から10日間、場所は地中海、

解決済みの質問:

カテーテル尿管挿入のまま、以前から予定していた灌漑旅行に行くことは可能でしょうか。今週末から10日間、場所は地中海、往復は飛行機、クルーズ船に乗ります。無謀でしょうか。地中海北岸を毎日寄港するスケジュールです。前立腺のほかに大きな病気の経験も兆候もありません。年二回以上のメディカルチェックを受けていますが、異常はありません。
旅行保険も加入しています。当然外国人ですが繊維も乗船しています。可能な場合でも特に注意すべき事項があればお知らせください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
猫山です。
前質問のご評価、また今回のご質問のご指名ありがとうございます。
結論から申し上げますと、私見としては、バルーンカテーテルを装着したままの旅行は大筋で問題がありません。
唯一の留意点は、飛行機の中では気圧が低くなるので、バルーンが膨らんでしまうことです。
このため、こまめにバルーンの内容を排出する必要があります。
トイレに近い座席をご利用された方が無難かもしれません。
後は、航空会社の側で医療器具の持ち込みを制限している場合がございますので、確認された方がいいでしょう。
以下のサイトが参考になると思います(こちらは間欠的導尿のケースですが)。
http://www.dounyou.net/qa.html
陸地では、十分な方策を立てられているようですので問題は無いように思います。
もちろん、主治医ともよく相談されて下さい。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問