JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4034
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

先日からPMS対策にセルトラリン100mgまで漸増し、7週間が経ちました。 6週目初めからエスシタロプラムを5mg追加し

解決済みの質問:

先日からPMS対策にセルトラリン100mgまで漸増し、7週間が経ちました。
6週目初めからエスシタロプラムを5mg追加しましたが、7週目初めから精神的に変化(全てがどうでもよくなる)が起こり、7週目初めから中止しました。
ただ本日から8週目ですが、おそらく黄体期が始まり、疲労が出ます。
これから1ヶ月程は仕事も忙しくなるので、ストレスも増えますし、今からでもエスシタロプラム10mg程度漸増して効果はあるでしょうか、また他に頓服薬として疲労に効くものはありますか?
生活の更なる見直しをすべきは承知の上ですが、質問よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
Dr.GATOをご指名されていたようですが、Dr.GATOはオフラインであるようです。
このままDr.GATOの回答を待たれますか?
それとも、私が回答させていただいてもよろいいでしょうか。
私は精神科医 兼 神経内科医ですので、精神・神経のご質問には対応できると思います。
ただ以前、別のご質問でのやりとりで見解の相違がございましたので、相談者様がわだかまりをお持ちであり、私との質疑をお望みではないのであれば、回答はDr.GATO(産婦人科医)にお任せしようと思います。
http://www.justanswer.jp/mental-health/9ffux-.html
まずこの点につき、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
わだかまりはありませんし、いろいろな意見を聞きたい気持ちはありますが、Dr.GATO宛てに継続して質問しておりますので、その答えをまちます
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
了解しました。
では私はオプトアウトいたします。
Dr.GATOからのレスポンスをお待ち下さい。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
現在の状態はどうでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
現在はおそらく黄体期ですし、ストレスの多い環境にもいますので、不安でもありますし、疲労も出ています。どうでもよくなる(不安なし)ということはありません。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
もし、黄体期に疲労感で出るようなら低用量のアルプラゾラム(0.25 mgを1日2〜3回)内服してはどうかと思います。アルプラゾラムは依存性、耐性があるため長期間服用(5週間以上)は避けた方がいいです。また、長期服用で逆に不安を起こします。セルトラリンで効果が認められない場合はセルトラリンからフルオキセチンに徐々に変えてみてください。効果があるかもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
書き方が不十分でしたが、中止したのはエスシタロプラム5mgでセルトラリン100mgは続けています。疲労も出ますが、未使用の時よりは随分ましです。これに黄体期の間だけでも疲労対策に再度エスシタロプラム5~10mgを加えようかという相談でした。疲労は困りますし、不安がなくなることも不安です。
抗不安薬は以前上手く使えず断念しています。その時も疲労は出ていたかと思います。フルオキセチンは日本では未発売です。またパロキセチンを使ったこともありましたが、疲労は残っていたかと思います。
完全に治すのは、そもそも無理で、薬の力をかりながら環境や自分を変えるしかないのかという気持ちもあります。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
抗不安薬は以前上手く使えなかったとは具体的にどういうことですか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
当時は依存症の認識がなく、漫然と使っていたので、処方量では効かなくなってしまったということです。その経験から長期的な治療に必要なときだけに上手く使い分けるということが出来るとは今は思えないわけです。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
わかりました。エスシタロプラムを少量加えて様子を見てください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
エスシタロプラム5mg~10mgを不安が無くなれば減らし、逆に不安や疲労が増せば追加するというような調整をしてもよいということですね。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
黄体期にエスシタロプラム5mg~10mgで不安が解消されなければその量を増やして様子をみてください。黄体期を過ぎたらエスシタロプラムを減らすか、やめてみてください。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4034
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問