JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 417
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

アデノ、RSVなどの呼吸器系ウィルスの診断においては迅速診断(POCT)の普及率がほぼ100%である一方、ノロウィルスや

解決済みの質問:

アデノ、RSVなどの呼吸器系ウィルスの診断においては迅速診断(POCT)の普及率がほぼ100%である一方、ノロウィルスやマイコプラズマの診断においては普及率は50%以下に留まるのは何故でしょうか?医学的な必要性等からの推測で結構ですのでご教示下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.K 返答済み 1 年 前.
上記の呼吸器系ウイルスの診断は、老若男女問わず、通年必要ですが、ノロウイルス、マイコプラズマは、季節性であったり、周年性であるため、通年を通して、必要となる機会が少ないのが、原因と考えられます。
Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問