JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

中二の息子が年明けから下痢が止まりません。彼は二分脊椎で、大学付属病院で経過観察をしており、隣の市の総合病院で、小児科、泌尿器、整形の三科を定期受診しています。これまでも多少の下痢

解決済みの質問:

中二の息子が年明けから下痢が止まりません。彼は二分脊椎で、大学付属病院で経過観察をしており、隣の市の総合病院で、小児科、泌尿器、整形の三科を定期受診しています。これまでも多少の下痢はありましたが市販薬で収まっていました。今回は市販薬(正露丸とエクトール)効かず、かかりつけの町医者にいってブスコパンを処方されましたが改善せず、セスデンカプセルに変えましたがダメでした。その後 総合病院の小児科を受診し、ツムラ桂枝加芍湯エキスを処方され6日ほどたちますが、改善されません。今日も朝と昼に下痢となり、昼は腹痛もありました。
総合病院ではレントゲン、エコーをとり、結果便がかなり溜まっているので浣腸をしました。便の検査結果はまだでていません。
単なる食あたりではないとは思いますが何か悪い病気ではないかと心配です。
ご意見をお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①下痢以外には、嘔気・嘔吐や発熱のような症状は無いと理解してよろしいでしょうか。

②受診されたかかりつけの町医者、総合病院の小児科では、どのような診察と検査を受け、どのような診断のもとにご記載の処方を受けられてきましたか?

③「これまでも多少の下痢はありました」とのことですが、これは、特にきっかけ無く起こっていたでしょうか(ストレス、いわゆるお腹が弱い、など)。定期受診している総合病院で二分脊椎と下痢の関係の有無についてお訊きになったことはありますか?

④実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。「ご意見をお願いいたします」とのことですが、今回のご相談でご質問になりたい事項をもう少し具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生よろしくお願いします。

①下痢と時々腹痛がある程度で、嘔気・嘔吐や発熱のような症状はありません。

②これまでの診断は腸炎です。町医者では問診、触診のみです。総合病院では触診、問診、レントゲンとエコーを行い、便が溜まっていたことから浣腸をしました。その場ではほとんど出ませんでしたが、帰宅してからかなり排便しました。

③これまでの下痢はいわゆる食あたりや冷たいもののとりすぎです。二分脊椎と下痢については聞いたことはありません。

④腸炎以外に考えられる病気(過敏性腸症候群など)と、今生活上気を付けなければならないことをご教示ください。

以上よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

4週間以上続く下痢を「慢性下痢」と呼びます。
「年明けから」とのことですから、ご子息の下痢もほぼその定義を満たすと考えてよいしょう。

感染性の腸炎を除けば、過敏性腸症候群(IBS)、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなどがその原因として挙げられます。
中でも、もっとも頻度が高いのはIBSです。

ご子息の場合、年齢的に大腸がんの可能性は低いでしょうし、血便が出ていないのであれば
潰瘍性大腸炎やクローン病は否定的です。

⑤一般的にIBSはストレスが発症の引き金になることが多いのですが、思い当たる節はございますでしょうか(もちろん、生きている限り、ストレスとは無塩ではいられませんが……)?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生、ありがとうございます。

これまではあまりストレスを感じさせない子です。下痢になった後も食欲は普通にあります。

学校生活、部活動では二分脊椎による障害でいじめられることもないと思っています。全くないわけではありませんが。

年末年始の生活もいたって普通でしたし、親戚の子や友達と楽しく遊んでいるようでした。

あまり周りを気にしない子なのでストレスはあまり考えられないかと思います。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ということですと、仮にIBSであった場合、たぶんに体質的なものであるということになります。
その場合は、薬物療法によって症状を抑えつつ、治まるまでは食事内容や水分補給などに気を配る、という対処をとることになります。

――この方向で回答を進めてもよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生、ありがとうございます。

これまで基本便秘でしたが、体質が変わることはままあることなのでしょうか?

どちらにしてもIBSであった場合の対処法をご教示ください。

このまま下痢が続いては、まともな生活ができませんので親としてできることがあればお教えください。

質問者: 返答済み 1 年 前.

再送です。

猫山先生、ありがとうございます。


これまで基本便秘でしたが、体質が変わることはままあることなのでしょうか?

どちらにしてもIBSであった場合の対処法をご教示ください。


このまま下痢が続いては、まともな生活ができませんので親としてできることがあればお教えください。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

IBSには下痢型・便秘型・交代型の3タイプがあります。
http://tanaka-cl.or.jp/greeting/health-column/health-column07/index.html

かつそれらの間での症状交代もしばしば認められます(便秘型だった患者様が下痢型に変わる、もしくはその逆)。
単純に下痢止めや下剤によってIBSの治療が行えないのはそのためです。

体質的な要素が強いIBSであるという前提でお答えするのであれば、何をおいても、まずIBSの専門性が高い医療機関を受診され、適切な薬物療法を受けられることが重要になるでしょう。
過敏性腸症候群(IBS)を診療できる病院は以下のサイトで検索することが可能です。

【過敏性腸症候群(IBS)を診療できる病院を探す】
http://www.cocokarada.jp/hsearch/0007/00/top.html


現時点でご家庭で行いうる対処は、食生活を整えるという点に尽きるでしょう。
上記のサイトにもありますように、食物繊維を豊富に含む食品、また、腸内細菌叢を整えるために、発酵食品などを多く食卓に出してあげて下さい。

逆に、避けるべきは、刺激の強いスパイス(腸壁が刺激されます)、味の濃い食事です(塩分が多いと腸内に水分を引き込みやすくなります)。
下痢が続いているのであれば水分補給は心がけるべきですが、カフェインを含むもの、冷たい飲み物は避けるべきでしょう。「白湯が良い」と言われてはいますが、美味しくはありませんので、スポーツドリンクなどを常温で飲むのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生、ありがとうございます。

今受診している総合病院を再度受診し、過敏性腸症候群の可能性を検討してもらいます。

大変ありがとうございました。

医療 についての関連する質問