JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして 去年の7月にリュウマチ性多発筋痛症と診断されプレドニゾロンの服用で、現在は多少は痛みはありますが、落ち

質問者の質問

初めまして
去年の7月にリュウマチ性多発筋痛症と診断されプレドニゾロンの服用で、現在は多少は痛みはありますが、落ち着いているようです。20㎎から始めて今は5㎎まで減らしました。ところが、減らすと痛みが戻る感じがします。それに首両肩両腕だったのが、痛い所が増える感じがします。両前腿、右背中、右腿の内側のつり?なのか痙攣なのか、こむら返りのような痛さです。あと、視力の低下、時々眼球の鈍い痛み、目の奥からの頭痛、胸やけ、お腹のはり。疲れる。これは副作用で我慢していたら、自然と治るものなのでしょうか?
血液検査は炎症はなくなり、どれも正常値だそうです。
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
リウマチ性多発筋痛症では「視力の低下、時々眼球の鈍い痛み、目の奥からの頭痛、胸やけ、お腹のはり」という症状は出ませんし、プレドニゾロンの副作用としても知られていません。
プレドニゾロンの減量に伴う離脱症状として、疲れやすさが現われることはよく知られています。
少し補足情報を下さい。
①どれくらいの規模の医療機関の何科を受診されて、どのような診察と検査を受けた結果「リウマチ性多発筋痛症」という診断を受け、治療が開始されたのでしょうか?
②「これは副作用で我慢していたら、自然と治るものなのでしょうか?」というご質問は主治医にもされていると思います。主治医の見解を教えて下さい。
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のお返事をありがとうございます。
6月末に県立病院で、38度を超える高熱と右下腹の痛みとかなりの下血で、内科で癌の検査をしましたが、結果異常なしでした。日中はなぜか熱も痛みもなく、夜になると40度近くの高熱が出、ロキソニンは効きませんでした。で、お尻あたりの痛み、両肩両腕の激痛と首の痛みで、この世の終わりかと思えるほどの痛みで、夜中救急車で同じ病院に搬送されました。CT,MRI、心電図、血液検査。初めは主人が対応していてよくわかりませんが、炎症がかなりの数値だったとは聞いています。後はすべて異常なしでした。救急以来整形外科におせわになっています。
主治医の見立てを疑ってはいませんが、ほかの見立てはどんなかと思いまして、投稿いたしました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、6月末の症状については、リウマチ性多発筋痛症として矛盾が無い、典型的なものであったと考えます。
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000609.html
http://www.nishioka-clinic-ra.com/column/tahatsusei.html
ただ、原因不明の疾患ですので、客観的な診断指標はありません。
症状のいくつかが揃っていて、ステロイド治療に反応すればリウマチ性多発筋痛症という診断が付きますが、それはどこまでも暫定的なものということになります。
相談者様の現在の症状の全てを一元的に説明しうる疾患は、私の知識が及ぶ範囲では存在しませんが、他の疾患との鑑別は重要です。
http://www.hospital.japanpost.jp/fukuoka/health/pdf/ProfileNo.22.pdf (表2参照)
整形外科で治療を受けられているのとことですが、膠原病内科(リウマチ内科)を受診されてセカンドオピニオンを受けられてみてはと思います。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
いつまでこの体調不良が続くのか、ちょっとめげてまして、やっぱり、この病気なのかと、安心?頑張れる気がしてきました。
ありがとうございました。

医療 についての関連する質問