JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母ですが、現在サービス付き高齢者住宅に入居しています。年齢は今年90歳になります 今は、要支援2です。昨年、圧迫骨

解決済みの質問:

母ですが、現在サービス付き高齢者住宅に入居しています。年齢は今年90歳になります
今は、要支援2です。昨年、圧迫骨折と腰の筋を痛め食事を部屋に運んでもらったり、薬の管理もしてもらうようになりました。今でも立って顔を洗えないので車いすを使って洗っています。最近になって歩行器で食堂まで行くようになりましたが、テーブルをつたつて席に座るようです。このような状態でも要介護1にならないのでしょうか?住まいは三重県津市の高齢者住宅にいます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山です。
ご指名ありがとうございます。

実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では確実な判断はできませんが、ご記載を拝読する限り、要介護1もしくは2がついてもよい状態であるように思われます。
http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/~kouiki-gyousei/kaigo/tetuzuki/index.html

診断書を作成する医師が不慣れなのかもしれませんので、ケアマネージャーと相談をされて、他の医師に診断書を作成してもらい、再審査を受けることを検討されてはと思います(ただし、再審査が申請できるのは介護度の決定から60日以内です。それを過ぎていたら次の判定を待たなければなりません)。
http://get30.net/kaigohoken/n-nintei.html

介護認定の審査・再審査の相談を業務を行っている行政書士もたくさんいますので、そうした行政書士を探して対応を相談されるのも一策かと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問