JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。 恥骨周辺の痛みで困ってます。昨年暮れくらいから恥骨上部、おしりと足の付け根が痛み出しました。

解決済みの質問:

はじめまして。
恥骨周辺の痛みで困ってます。昨年暮れくらいから恥骨上部、おしりと足の付け根が痛み出しました。
過去の診断は、内転筋付着部炎との診断をされたこともあります。
過去2年間において整形外科医の施術で神経ブロック注射で何とかコントロールしてきましたが、その先生もお手上げ!と診察を拒みました。
どこへ行ったらいいのかもわからず困っております。
どうしたらいいものか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。
内転筋付着部炎に対してリリカが処方されたり、神経ブロック注射が行われることは理解しかねる治療です。
①どれくらいの規模の整形外科医療機関を受診されて、どのような診察と検査を受け、「内転筋付着部炎」と診断されたのでしょうか?
②腰を悪くされたことはありませんか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
※※本日14:00以降は、追加サービス(サービス名:電話でのやり取り)の対応も可能です。ご一考下さい。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
さっそくの返信ありがとうございます。
まず規模ですが大学病院です。検査はMR、PETをやりました。PETでも異常は見つからないとのことでした。8年前のことです。それ以外、脳神経外科で脳のMRもやりました。異常所見はありません。なので痛む部分に麻酔をうってその場をしのいでました。2年前から神経ブロック注射(いわゆるペインクリニックです)を行っていてここへきての医師のお手上げ状態となりました。治療の途中では”靭帯”に注射する等の処置をしたこともあります。腰を悪くしたことはありません。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
③それでは、「内転筋付着部炎」という診断は誰がいつ付けたものなのでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
大学病院から痛みだけでもとろう、との観点から紹介された別の病院で、
主に膠原病などの自己免疫疾患を診る病院の内科医が診断しました。以降通っても一向に良くならないために、自ら探してごく小規模な整形外科医のもとを訪ね
ブロック注射をしていました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
相談者様の現主治医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「湿布を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。
その医師が「お手上げ!」だからといって治療方法が無いとは限りません。
私見としては、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。
大学病院で行った検査は炎症の有無を確認することができます。
そこで付かなかった診断を内科医が付けられるというのは不自然だと考えます。
「内転筋付着部炎」という診断に重きを置かれるべきでないでしょう。
本当に内転筋付着部炎なのであれば、一般的な消炎鎮痛剤で治療できます。
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ここまでのご記載から、消去法的に、相談者様の痛みは慢性疼痛(神経障害性疼痛)と呼ばれる病態である可能性が高いと考えられます。
神経障害性疼痛とは、怪我や慢性的な刺激、手術などがきっかけとなり、もしくは特にきっかけ無く、末梢神経が傷つくことが原因で、本来の傷が治癒した後も疼痛が続くと病態のことで、近 年では、末梢神経だけではなく、痛みの信号を中継する脊髄や、その信号を受け取る脳のある部位も神経障害性疼痛の原因の一端を担うことが知られてきています。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20081119.html
http://www.naoru.com/toutuu.htm
敢えて単純化して申し上げれば、末梢神経が少なからず傷つき、混線が起きてしまったような状態です。刺激・傷の程度や場所とは関係が無く、滅多に起きないが、起きるときには起きる、といった印象の病態です。
治療としては、通常の鎮痛剤は効きません。
神経の信号の伝達を統制するようなお薬(相談者様も服用しているリリカ(ただし最低有効用量は1日300mgです)、一部の抗てんかん薬、抗うつ薬)の服用や、程度によっては神経ブロック注射などが必要になります。
神経の混線は神経障害性疼痛が続けば続くほどもつれていく傾向がありますので、出来るだけ初期に適切な治療を受けておくことが重要です。
神経障害性疼痛の治療はペインクリニックにて行われます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)ので、お早目の受診をお勧めいたします。
以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。
全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)
http://www.pain.ne.jp/
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
すでに、抗てんかん薬(ガバペン錠)、抗鬱薬(リフレックス錠)を処方されて飲んでいます。
更には塩酸モルヒネも飲んでいます(120mg/日)。そういった中での痛みの拡散はショックです。大きなペインクリニックでは「うちではやらない」とはっきり断られる始末です。なので自分で探して行きました。もう、それ以外食い下がる余地しかありませんか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
治療を引き受けてくれるペインクリニックを探されて試行錯誤を続けられるべきだと考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問