JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4059
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

67歳の男性です。最近、背中、胸部、左上腕部に痛みを感じ、鏡をみたら赤く発心ができていました。昨日近所の内科医院で帯

解決済みの質問:

67歳の男性です。最近、背中、胸部、左上腕部に痛みを感じ、鏡をみたら赤く発心ができていました。昨日近所の内科医院で帯状疱疹と診断されファムビル250mmgを処方され1日3回食後に2錠飲んでいます。結構痛みがあり、今日からは頭皮にも痛みがでています。医院では痛み止めは肝臓に負担があるとのことで処方されませんでした。しかし、ネットなどを見ると将来神経痛にならないように痛み止め治療が必要で、それは内科、皮膚科ではなくペインクリニックの領分なので、ペインクリニックを受診すべきとありました。帯状疱疹の痛みにたいしてもペインクリニックを受診した方が良いでしょうか?現在飲んでいる薬とペインクリニックでの治療は相性があったりするのでしょうか?
宜しくご教示いただきますようお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
特に肝機能障害(肝炎、肝硬変など)がなければ市販の痛み止めを飲んでも構いません。加えてファムビルは肝臓では代謝されないので肝臓には負担はかかりません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
市販の痛み止めとファルビムを一緒に服用しても肝臓の負担にはならないことは理解いたしました。2番目の質問の”ネットなどを見ると後遺症の
神経痛にならないように痛み止め治療が必要で、それは内科、皮膚科ではなくペインクリニックの領分なので、ペインクリニックを受診すべきとありました。帯状疱疹の痛みにたいしてもペインクリニックを受診した方が良いでしょうか?現在飲んでいる薬とペインクリニックでの治療は相性があったりするのでしょうか?”
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
痛み止めでは後遺症の神経痛の予防をすることはできません。ファルビムのような抗ウイルス薬がその予防に効果があります。その痛みの治療としては市販の痛み止めが余り効かないようならカスパイシンクリーム、ガバペンチンの内服、アミトリプチリンの内服、リドカインのクリーム、ゲル、スプレー、パッチ、コデインの飲み薬、またはペインクリニックでステロイドと麻酔薬を混ぜた薬の局所注射をしてもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問