JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4058
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

21年前外国にて腹部刺される事故にてope。後に胃に穴が開いていることが判明。1か月後高度救命救急センターにてチュー

質問者の質問

21年前外国にて腹部刺される事故にてope。後に胃に穴が開いていることが判明。1か月後高度救命救急センターにてチューブにて完治。2015年7月24日腸閉塞で緊急ope。事故のこと説明してのopeでしたが、癒着はがそうとして傷をつけてしまいましたと説明をうける。3日後漏れが判明。8mm、10mm、14mmのTチューブにて治療。腸液のもれでびらん強く傷の縫合もできないと説明をうける。転院を考えセカンドオピニオンを申し出る。主治医も知りたいとのことで手続きをとる。セカンドオピニオンの日付も決まっているにもかかわらずセカンドオピニオン1週間前に小腸瘻閉鎖術を実施したいと、ope2日まえの夜呼び出しをうける。このope後であれば転院もセカンドオピニオンもどうぞと言われました。説明納得いかずこのope断りました。セカンドオピニオンで吸引チューブはなぜつけないのか聞いてみるよう言われまたつながるかもしれないので前準備もふくめ慎重に受けるopeとの事でした。21年前から腸はひとかたまりです。今回広範囲にはがされていることを考え、最終手段の腸と腸をつなぐopeはさけたいと思っています。小腸瘻閉鎖術を実施している施設が知りたいのですが。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
どこにお住まいですか。現在の病院、セカンドオピニオンを受けた病院の名前を教えてください。セカンドオピニオンを受けた病院ではなぜその手術を引き受けてもらえないのですか。
質問者: 返答済み 1 年 前.

腸閉塞のopeをうけた病院はH25年4月スタートした京都府立医科大学附属病院北部医療センターです(旧 与謝の海病院)。主治医とは、セカンドオピニオンをうけた病院(淀川キリスト教病院)への転院は了解済みでした。が小腸瘻閉鎖術を言われた時点で若い主治医に圧力がかかったことがわかりました。この手術を断ったことから副院長etcが出てこられ転院をさせないそして転院を考えているのであれば治療を一切やらないと実際止められてしまい、本人が悲鳴をあげてしまいました。いったん折れました。が淀川キリスト教病院への転院を強く希望し紹介状を持っていきました。診療情報がセカンドオピニオンでの内容と異なっているらしく、真実がみえなくなっていますよ。なぜこのような事になったのですかと聞かれ10月16日に小腸瘻閉鎖術をとのことで不信感をもちました。と返答しました。当然ですねとおっしゃいました。そして今動くな、ソーシャルワーカーもいると思うから話し合いをと助言を受けました(ソーシャルワーカーはいませんでした)。また内容から21年前日本医科大学高度救命救急センターで治療を受けていることからここへ送っていただくのもひとつですねとおっしゃいました。

後にわかったことですが11月1日から17日までアヘンチンキを使用され、おもゆから全粥になった時点でつまりと腸液の強い漏れで大変でした。本人にも責任があると思いました。何を飲んでいるか把握しておくべきです。セカンドオピニオンで小腸の人工肛門では退院できないと聞いていますので人工肛門への治療は望んでいません。セカンドオピニオンでの問には答えていただけず、強くこの病院を出たいと申し出ました。同じ系列とのことで大阪の松下記念病院に11月24日転院となりました。いちからの検査となり肝機能が低下していること、小指大の穴が親指大となっていること、穴の位置が大腸に近いことがわかりました。何度も、こちらでも副院長を含め話し合いました。やはり松下記念病院でもセカンドオピニオンでの治療はできないと。できる病院を紹介していただきたいと申し出ました。そのような治療を実施している病院は日本にないと。セカンドオピニオンをどんどん受け探すよう言われました。常に京都府立医大学付属北部医療センターと相談してからと、この言葉が出てきます。大阪大学附属病院にこの治療を受けたいが、そちらで可能かと問い合わせました。詳しい内容がわからないが、治療を希望されるのであれば紹介状をもって受診してください。内容によっては他の施設を紹介しますとの返答をいただき、松下記念病院に申し出ました。12月25日pm2時30分の予約で紹介状はすでに送ってあります。と言われ行ってきました。すると診察はなく治療経過を話そうとするとわかっていますからと、全くこちらのメモに目を通す事なく聞く耳もありませんでした。人工肛門か腸と腸を繋ぐ手術しかない。。のいってんばりでした。大阪大学附属病院でも希望している治療は実施していない。では他の施設を紹介していただきたいと申し出ました。知らないとの返答でした。京都府立医科大学附属院北部医療センターは何を守ろうとされているのでしょうか。医者同士、病院同士なすすべがありません。

転院は家族の都合で大阪を希望していました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
その穴の開いた部分の小腸が腐っているために閉鎖をしようとしてもその部分の腸がもろくなっているために閉鎖することができなくなっていると思います。その部分を切除して一時的に人工肛門を置いて腸の内容をきれいにしてからその腸を縫い合わせる手術をするのが適切だと思います。大阪大学で手術を受けてはどうかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

この経過から大阪大学病院で手術が受けられるでしょうか。松下記念病院が転院させてくれるでしょうか。助言よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
その部分を切除して一時的に人工肛門を置いて腸の内容をきれいにしてからその腸を縫い合わせる手術をすることができれば松下記念病院でもいいと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

12月25日の予約はセカンドオピニオンであったと聞かされました。おかしいなと思いつつも、想像を絶する事が次々とおこり、必死にお話になる医者の姿を冷静にみている私がいます。この手術が可能な病院をさがさなくてはいけません。まず大阪大学病院を希望してみます。まだまだ長い闘いが続くのかと思うと苦しいです。適切なアドバイスに感謝します。ありがとうございました。

医療 についての関連する質問